お薦め記事

スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)
tag :

ゾンビ企業東電を操り、原発を推進する銀行たち

2013-12-16
 「金融機関は、東電本体への融資上限を4兆5千億円にする方向で最終調整に入った」(下掲リンク先)って、この文言だけ見ると、“そろそろ東電、見放されるのか”と、見えますが、全然そうじゃない!! 既に貸し込んだこの金額は必ず回収しますよ、だから東電、潰しません、潰させません、資金回収のために原発再稼動もやらせます、ってことなんですね。

 「東電融資枠、4.5兆円維持 国は支援増額へ」(朝日新聞HP 12月16日)

 それでもって東電の足りない資金は政府が出す・・・「政府は、除染や賠償に充てるために東電に貸し出す公的資金の上限を今の5兆円から、9兆~10兆円まで引き上げる方向」(上掲リンク先)なのだそうです。
 このへんの仕組みは紙の紙面でもしっかり解説です↓

東電と銀行
(朝日新聞12月16日西部本社版朝刊)

 銀行融資と国の支援、あわせて14~5兆円。これだけでもう自然エネルギー財団が“原子力の発電単価は、石炭火力やLNG火力の発電コストの1.52~1.68倍にも上る”と計算した際の原発リスク対応費20兆円に迫ってしまいます。電気料金上がるぞ~!!
 銀行は融資回収(もちろん利子付き、儲け付き)、事故処理負債は取り敢えず国に付けといて、回収できるなら電気料金で、できなきゃ国が税金で負担します(国費支援貸し倒れ)、というやり方です。
 結局すべては国民負担にして、電力会社も銀行もいっさい責任を負わない算段です。津波の可能性を知っていながら情報を抑圧し、危険な原発を金儲けのために動かしてきた犯罪者(社)東京電力、その片棒を担いだ銀行、こんな連中の後ろ盾にして政治献金受益者・自民党安倍政権、いったいいつまでのさばるのか!!


 改めて書いておきましょう、犯罪企業東京電力の片棒を担いでいるのは、

 三井住友銀行
 みずほ銀行
 みずほ信託銀行
 日本政策投資銀行
 三菱東京UFJ銀行
 三菱UFJ信託銀行
 三井住友信託銀行
 日本生命保険
 第一生命保険
 明治安田生命保険
 住友生命保険
  及びその他あわせて77社

 です。


tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://fkuoka.blog.fc2.com/tb.php/1001-9aefb36c

<< topページへこのページの先頭へ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。