お薦め記事

スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)
tag :

原発即時ゼロを決断しないから電気料金が上がる、という事実

2014-01-19
 効いてます、細川脱原発立候補。

 甘利、嫌がってます→「『殿、お戯れを』と甘利氏 細川元首相を再びけん制」(47NEWS=共同通信 1月17日)。 
 でも、そんなことよりも、こっちを気にしろよ、甘利→「福島第1、放射性物質また上昇 井戸水で過去最高値」(47NEWS=共同通信 1月17日)。
 あんたは政府の一員なんだから、ちゃんと政府の為すべきことをなせ!! 結局、なんにもやってないだろ、汚染水対策。選挙のことは石破に任せて、ちゃんと政府として仕事しろ!! ま、担当違いとか言うんだろうな・・・

 一方、細川陣営、作業を進めています→「『即時原発ゼロ』表明へ=細川氏、都知事選公約で」(時事通信HP 1月18日)

 これには原子力ムラの読売新聞社、たまらず嫌がらせの記事です↓
 「細川氏公約『原発即ゼロ』なら影響大…懸念の声」(読売新聞HP 1月19日)
 「『原発即ゼロ』なら五輪返上しかない…森元首相」(読売新聞HP 1月18日)

 またやってます、壊れたレコード。森の発言はあいかわらずの“電気が足りない”、そして読売の記事は「原発を即時ゼロにした場合、電力不足に加え、原発再稼働を前提にした料金体系も見直しが必要になる。電気料金の値上げは避けられず」って、ナニ言ってるのか。
 まずは昨日の記事です↓

 「火発燃料費を1700億円削減可 経産省試算、電力融通で」(47NEWS=共同通信 1月18日)

 この記事の内容は、“地域独占でやっている発電、地域独占の枠を超えて電気を融通し合えば火力発電燃料費がこんなに節約できます”、というだけのものですが、なぜそうなるかと言えば、“燃費効率が悪くて高くついてしまう発電所で発電している一定ぶん、空いているより燃費効率が良い他電力の発電所から供給すれば、燃料費安くなる”からです。少なくとも差額1700億円分、電気、余ってます。地域独占やめればいいだけのことです。6年先には、そうなっているはずです、安倍政権の政策でも・・・やる気ないってことかな。

 さて、電気料金。東京都の場合、東京電力が原発ゼロにしたら電気料金上がるのか? 
 新潟県の泉田裕彦知事に手厳しく批判された東京電力「再建計画」、その柱は言わずと知れた柏崎刈羽原発の再稼動ですが・・・柏崎刈羽原発で発電した電気、いったいいくらなのかな?? 電力会社が原発建設申請時に経済産業省に提出した発電コストの試算では、柏崎刈羽5号機 19.7円/kwh、だって。新潟県中越沖地震でぶっ壊れたところ修理して、新しい安全基準で補強して、なんてことしてたら、これよりまた高くなっていることでしょう。
 ところで、電力のコスト比較なんてで出てくる、他の発電方式での発電コスト、資源エネルギー庁の計算なら、石炭・LNG 10円台(10.9円以下)なんですけど。
 すごいもんですね~、つまり、普通の火力発電コストの倍も高い原子力で発電しても、電気料金が下がっちゃうくらい、今の東京電力の発電設備は高コスト体質だということです。原発に入れ込みすぎて、他の発電施設、超老朽化、燃料バカ食い施設ばかり。
 ということは、普通の発電設備を普通に設置していけば、柏崎刈羽原発を再稼動するよりも、もっと電気料金、値下げできるということです。
 実際、他の電力会社は、原発再稼働なしでも、(落ちこぼれの1社を除き)、既に収益を改善しています。中部電力も、東北電力も、効率の良い新規火力発電所を建設し、非効率な古い火力発電施設の稼働率を下げています。
 そうすると、(古い施設すぐに壊すわけじゃないんで)、電気の供給能力も上がっちゃって、電気不足なんて、ますます関係ない話になりつつあります。その途中経過の現在で、上掲リンクの、“1700億円ぶん節約可能”です。

 で、結論です。東京電力もさっさと発電設備の効率化をすれば良いだけの話なのですが、原発再稼働にしがみついて新しい高効率の発電設備への乗り換えをしないから、電気料金が上がってしまうのです。つまり、電気料金値上げの原因は、さっさと原発ゼロを決断して、効率の良い発電設備へのシフトを行わないから、なのです。
 はいっ?? 「東京電力には新しい発電設備に投資する資金がありません」ですか。それは当然でしょう、あれだけの事故を起こしたのですから。まずは会社を精算しましょう。そしてちゃんと効率の良い発電設備へのシフトを行うことのできる会社へと業務・資産を売却しましょう。もちろん、これだと、福島事故の賠償金や事故処理費は積み残され、結局は国の負担になってしまいます。でも今のままだと、東京電力および、そこに金儲けのために資金つぎ込んできた投資家・銀行の責任は問われず、かれらは儲けを手にしたままで、その分までも国から資金投入しなければなりません。一旦整理し、こいつらの欲の皮を剥ぎとったほうが、国民の負担は減ります。


 で、原発止まって困るのは電力や自民党ばかりではないようで・・・
 「都知事選 連合東京、舛添氏支援へ 民主党と分裂選挙に」(Yahoo! News←毎日新聞 1月18日)
 電力総連を傘下に抱える連合、原発即ゼロの細川は敵だそうです。労働組合も堕ちたもんだな~


tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://fkuoka.blog.fc2.com/tb.php/1036-5b03e25c

<< topページへこのページの先頭へ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。