お薦め記事

スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)
tag :

ホントはもっと汚染されていました“β線「数え落とし」効果”by東電

2014-02-07
 東京電力から、福島第一の危機管理体制崩壊状況の発表が立て続けに出てきました。

 「ストロンチウム500万ベクレル=過去最高、昨年7月地下水-福島第1」(時事通信HP 2月6日)

 これは昨年7月に採取した水の再測定の結果についての話。ストロンチウムの分析したら、その量から出ているはずのβ線、全β線の測定結果(公表数値)を上回ってしまった・・・どっちの測定が間違っている? ということで、要するに汚染濃度の高い数値の方が正しかった、というありがちの結論。500万ベクレル/Lという高濃度汚染だったとのこと。
 そして、

汚染水600L
(朝日新聞西部本社版朝刊 2月7日)

 こっちは冷却系の配管から水漏れ。
 さらに、

 「300トン漏えいでも過小評価か=汚染水濃度、実態より低く-東電」(時事通信HP 2月7日)

 これたぶん↓この話。

 「ベータ分析における「数え落とし」の影響について」(東京電力HP 2月7日)

 β線が測定器に飛び込んでくると、測定器、次のβ線を感じるまでにちょっと時間がかかるとのこと。この間に入ってきたβ線、取りこぼしとなる・・・「数え落とし」効果だそうです。ある程度の高濃度から問題になる(続けざまにβ線が入ってこなければ発生しない)現象なので、海の汚染測定等では問題にならない・・・って、その他いろいろ問題になる場面、目白押しじゃないか!! これまでの測定結果、何だったのか!!

 「過小評価分を再測定=ベータ線出す放射性物質-東電」(時事通信HP 2月7日)

 ともかく、測りなおしていくそうです。


 いやしかし、なんでこのタイミングで東京電力は、こんなことを発表するのだろう?? リアルタイムの冷却水漏れはともかく、測定ミスの話2つは、いわば過去の話。来週に発表延ばしたって特にどうってことない話じゃないですか。明後日は注目の“脱原発”都知事選なのに、なんでわざわざ注目引くようなことするのか・・・。
 安倍政権なんて、やる気あるとは思えないものの、高速増殖炉“もんじゅ”の清算を示唆する発言までしています。

 「経財相、もんじゅの核ゴミ減量施設転用に含み 」(日経新聞HP 2月7日)
 「官房長官、新エネ計画「もんじゅ含め議論・決定」 」(日経新聞HP 2月7日)

 これ、リップサービスだけだろう思われるものの、都知事選を意識して、原発問題に取り組んでいるジェスチャーに必死というところでしょう。上の記事なんて調子に乗りすぎて“政府の方針”、「高速増殖炉の実用化目標を白紙に戻す方針」となっています。あまりにリップサービスしすぎちゃったので、慌てて、菅官房長官が「白紙に戻すかどうかも白紙」にまで押し戻したのが下の記事です。

 世論調査の結果見て、東電はもう都知事選勝ったつもり?? それとも、東電はもういっそのこと精算されたがっている??


tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://fkuoka.blog.fc2.com/tb.php/1055-a6b76812

<< topページへこのページの先頭へ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。