お薦め記事

スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)
tag :

高額電気料金で日本没落・・・原発再稼動の次に来るもの(経常収支赤字!!)

2014-02-11
 またやってます、インチキ・プロパガンダ報道。

 「昨年の経常黒字が過去最少に 3年連続で大幅減、12月は赤字」(msn産経ニュース 2月10日)

 記事によると「輸出から輸入を差し引いた貿易収支が、前年より4兆8258億円増えて10兆6399億円と過去最大の赤字となった。原発停止により原油や液化天然ガスなど燃料輸入が拡大したうえ、半導体など電子部品の輸入も増えた。円安ドル高が続いていることで、輸入額が15.4%増の77兆6093億円へと拡大。自動車や化学製品が健闘し、輸出が9.0%増の66兆9694億円と3年ぶりに増えたが、輸入の拡大に追いつかなかった。貿易赤字は3年連続」とのこと。
 燃料輸入の拡大は確かに発生しています。しかしそれは、「前年比22.5%の円安」の影響の方がよほど大きく、原油なら、原発代替燃料はそもそも全原油輸入の9.4%ほどしか占めていません

 財務省発表では、貿易輸入の対昨年比増加は10兆3532億円ほどですが↓、原発代替燃料による増加分は原油・天然ガス合わせて、2兆6千億円ぶんほどにしかなりません。

国際収支状況20140210

 しかも何がおかしいかと言って、財務省の発表では単に「原粗油の輸入が増えた」となっているところ、メディアでは「原発代替燃料の原粗油の輸入が増えた」と、すり替えられるところです違います「原粗油の輸入が増えた」のは主に円安で支払いが増えただけで、対前年比ならば、実は輸入数量、ほとんど変わっていません

 輸入数量が増えたのは、原発停止前後のことで、もうずいぶん古いことです。その増加分が、現状の円安レートで2兆6千億円程度です。他の要因による赤字の方が大きいのです。特にアベノミクス円安、14兆5千億円相当の赤字産出です。

 都知事選で舛添が勝ったので、原発推進派は原発再稼動をしようとしていますが、それでどうなるというのでしょうか。
 2011年、家庭用電気料金の国際比較です。

電気料金2011
Australian Eastern Standard Time

 まだ原発は止まりかけで、電気料金そのものへは原発停止の影響が及んでなかった頃のことです。高っけ~!!
 原発を再稼働して得られる結果が、この高い電気料金です。これで国際競争力が戻るなどと、よく言えたものです。チャンチャラおかしくて臍で茶が沸きます。
 しかも、この「高い電気料金」には、核のゴミ処理費も、廃炉費用も、事故に備えた保険金も入っていないのです。ツケはこれから回ってくるのです。実際、賠償金は既に幾ら払わされたことか。

 通常の火力の方が、遥かに安く、安全な電力です。→「『電気料金』詐欺にご用心

 危険な上に高くつく発電、原子力にしがみついていれば、わが国経済は一層の地盤沈下を起こします。自分の会社さえ儲かれば良い経団連のサビつき経営者ども、すこしは事態を理解しろ!!


tag :
コメント:
どこまでも電気よりも核兵器の為って事がはっきりしてきた、今日この頃、、。
[2014/02/13 06:16] | hotaka43 #mWyI0ZzU | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://fkuoka.blog.fc2.com/tb.php/1059-99d870a9

<< topページへこのページの先頭へ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。