お薦め記事

スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)
tag :

アベノミクス大崩壊!! 経常赤字過去最大・・・この額、原発の問題じゃない!!

2014-03-10
 自分の経済失政の理由を原発停止に押し付けて、さらに失政を積み重ねてきたアベノミクス、いよいよ最終局面に突入です。

 「経常赤字、最大1兆5890億円=初の4カ月連続、輸入増が影響-1月」(時事通信HP 3月10日)
 「年0.7%増に下方修正=景気回復の弱さ、再確認-10~12月期実質GDP改定値」(時事通信HP 3月10日)

 経常収支赤字の悪化は留まるところを知らず、景気回復も錯覚だったことが判明しました。
 この期に及んで時事通信の記者はまだ書きます↓

 「原発の稼働停止に伴い、液化天然ガス(LNG)など火力発電燃料の輸入が高止まりしている上、4月の消費税増税を控えた駆け込み需要に対応する輸入の増加で、赤字額が前年同月より1兆円超拡大した。」(上掲上記事リンク先)

 そもそも、原発が概ね停止したのは2012年3月(関西電力高浜原発2012年2月停止、東京電力柏崎刈羽原発2012年3月停止、その後は北海道電力泊原発のみ5月まで・・・後に関西電力大飯原発が一時再稼動)。その後、そこそこ黒字だった経常収支がここ数ヶ月でガクッと落ち込んだ理由を、なんで今さら原発停止のせいにするのか。この記者、経済のこと、全然わかってないんじゃないか。

経常収支0

経常収支1
財務省HP掲載のグラフに書き込み)

 それに、原発代替火力燃料の輸入額は年額2兆6千億程度、今回の話題に合わせて月額にすれば2千億円程度に過ぎません。
 これに対しアベノミクスの円安誘導はすべての輸入品で効いてきます。1月は対前年度比較で20.2%の円安ですから、1月の輸入総額8兆429億円の20.2%、すなわち、1兆6千億円ほどはアベノミクス円安で余計に支払ったぶんです。
 ですから、1月の経常収支赤字、1兆5890億円というのは、対前年度で比較すれば、円安による輸入品支払金額増加分がまるまる赤字となった、と言うことさえできるわけです(詳しくは→こちら)。2千億円の原発代替燃料じゃ全然足りない!! どこまで数字が読めないんだ、時事通信の記者。

 さて、経済音痴の時事通信の記者は置いておいて、深刻なのがアベノミクスです。
 経常収支について上掲のグラフを見れば(特に決算タイミングなどの影響を除いた「季節調整済み」(下の方の図)で見れば)、3つの時期に区分できます。2010年1~2月までの経常収支大幅黒字期、2011年4月以降アベノミクス開始までの経常収支小幅黒字期、そして、アベノミクス期です。
 2011年4月から、貿易収支が赤字になりますから、経常収支の大幅黒字→小幅黒字(あるいは貿易収支の赤字転落) の理由として、東日本大震災および原発停止と考えられがちですが、グラフを見ればそうではないことが解ります。2010年から2011年にかけて、既に経常収支は下り坂に入っています。東日本大震災は、この動きを一気にドラマチックに演出したに過ぎません。2011年6月には、2010年12月~2011年2月の変化の延長線上に、日本経済は復したと見ることができます。
 そして、その後、微妙なジリ貧を続けながら、なんとか経常黒字を維持していくのが次のステージ“小幅黒字期です。原発代替燃料コストの影響は、原発運転状況と連動させて、2012年3月以前/以降を見比べてみれば、「若干あるかな」という感じです。ま、月額2000億円程度(円高なら、もっと影響は小さい)ですから、所詮「若干」の域を超えません
 2013年3月20日、黒田東彦が日銀総裁となり、アベノミクスは本格化します。経常収支は4月(ローデータ/上の「上の図」では3月)にちょっと黒字に振れますが、その後、急降下を続けているのがアベノミクス期ということになります。カンフル打った重病人、ビクッと来たけど、結局ご臨終へ向けてまっしぐらです。
 この変化を図に書き込めば、次のようになります。

経常収支2


 破綻したアベノミクスから、どう立ち直るのか、それが日本経済の課題ですが、4月には消費税増税が来ます。

 当ブログとしては次の一言だけは言っておきましょう、「自分の経済失政の理由を原発停止のせいにするな、安倍!!」。
 そして、次の点は指摘しておきましょう。経済の立て直しは、既得権益集団の利益確保をしていたらできないのです。今、一番しょうもない既得権益集団は原子力ムラであり、彼らの望んでいる事こそ、原発再稼働なのです。原発は、電気料金を高値安定させるための政策装置ですから、原発再稼働は、原子力ムラ栄えて他産業が滅亡する道です。やるべきことは、カンフル剤を打つのではなく、病巣の摘出です。
 ま、原子力ムラ・病巣そのものである安倍政権には、日本経済全部食い物にして、自分たちだけ繁栄する道を選ぶしか選択肢はないでしょうが。


tag :
コメント:
自分達も生き残れないだろうね。特に東芝・ゼネコンなど制作会社側は電気代上がると、白物家電や材料費高騰に、もろに来るからね。残るのは官僚、電力屋、学者連中だけだね。あ!官僚もアマシタリ先減って、裏切るかもね。これで分裂が起きるかも知れないな。そうすりゃ、アホノミクスも終焉を迎えるんじゃないかな。
[2014/03/11 10:09] | hotaka43 #mWyI0ZzU | [edit]
経常収支の赤字が問題って、国際収支の天井で一喜一憂していた固定相場制の時代のまま認識が立ち腐った人ですか?企業の経常赤字と国の経常赤字って、意味も意味合いもまったく異なるものなのですが。大学一年の専門課程に入る前、教養や入門の授業でも習うことです。

http://abc60w.blog16.fc2.com/blog-entry-852.html
http://synodos.jp/economy/7275

経済学なんて当てにならない、というのも”アリ”かもしれませんが、その場合は経済学の概念に基づいたSNA統計によって作られた経常収支なんていう指標も当てにしないべきでしょう。
[2014/03/11 18:12] | MT #- | [edit]
MT様

その点については以下で既に書いてあります。
http://fkuoka.blog.fc2.com/blog-entry-1073.html
http://fkuoka.blog.fc2.com/blog-entry-1083.html

 ただ、貿易収支は当該国の産業競争力のある種の反映ではあり、経常収支も極端な状況となれば、経済に問題を生じることは明らかと思われます(そうでなければ、ギリシャ問題もアイルランド問題も存在しなかったでしょう)。
 また特に、アベノミクスを、その意図が実現できているかという観点で見る場合、経常収支は評価対象となるだろうと思っています(つまり、アベノミクスの意図の中に、経常収支改善が入っている)。


(ぽちたまみけ)
[2014/03/11 20:35] | ぽちたまみけ #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://fkuoka.blog.fc2.com/tb.php/1088-855d6b65

<< topページへこのページの先頭へ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。