お薦め記事

スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)
tag :

大誤報!! 日本経済新聞。2月の貿易赤字発表を間違えて報道。

2014-03-19
 先月の貿易収支が発表されました。

 「平成26年2月分貿易統計(速報)の概要 」(財務省 3月19日)
 「平成26年2月分貿易統計(速報)」(財務省 3月19日)

 内容は、新聞の見出しを借りれば「貿易赤字8003億円、2月最大に LNG輸入膨らむ/赤字は20カ月連続」(日本経済新聞 3月19日)ということになります。

日経20140320

 で、この記事、実におかしなことを書いています↓。

 「原子力発電所の稼働停止に伴う火力発電の拡大でマレーシアからを中心にLNGが11.4%増加した。」(日本経済新聞 3月19日・・・上図マーカー囲み部分)

 間違っています。該当する部分を上の財務省発表から切り出してみます↓。

輸入201402
「平成26年2月分貿易統計(速報)」財務省 3月19日 4ページ)

 LNG(液化天然ガス)の輸入額(表では「価額」)は確かに11.4%増えています。しかし輸入量(表では「数量」)は-0.2%の伸率、つまりほとんど横ばい(わずかに減少)なのです。
 「原子力発電所の稼働停止に伴う火力発電の拡大でマレーシアからを中心にLNGが・・・増加」って、どういう妄想なんでしょう。
 正しくは「LNGの輸入量は横ばいであったが、円安のため、輸入額は11.4%増えた」です。

 (なお、財務省発表の「概要」の方を見れば、「前年同月比:12.4%の円安」と書いてあります。価格変動のため、この円安が多少は緩和され、支払額11.4%増となったということになります。マレーシアからは確かに輸入量が増えていますから、他地域よりは安いマレーシア産のLNGへの切り替えが進んだということかもしれません。)

 結局、現在の日本の貿易赤字、経常赤字は、いくら円安にしても輸出を増やせない一方、輸入額ばかり円安で膨れ上がるアベノミクスのせいです。原発代替燃料赤字の5倍もの赤字をアベノミクス円安は叩き出しています→「また来た『原発代替燃料で貿易赤字』のウソ、2013年通年版」、「これじゃ衰退する日本経済・・・経済人も経済記者も「国富流出」!!(1)

 ところで、貿易赤字を更に「国富流出」と言って非難するのか、この点については日本経済新聞は多少は考えたようです。関連記事でいろいろと述べています。

 「(十字路)経常黒字持続の経済運営を」(日本経済新聞 3月18日)
 「(大機小機)経常赤字は悪いのか」(日本経済新聞 3月14日)

 “十字路”の方は、経常赤字はやはり悪いと書いていますが、単純に「国富流出」といった書き方ではなく、「巨額の政府債務を抱えるわが国で経常収支が赤字に転落する懸念が生じれば、長期金利の上昇を通じ、財政の持続性が崩れかねない」と、具体的に問題が起きそうな場面について議論しています。
 これに対し“大機小機”の方は、「端的に言って、経常収支が赤字か黒字かについて経済的な意味は乏しい。経済でまず重要なのは、実質経済成長率、物価上昇率、失業率である。経常収支が問題になるとすれば、それは例えば先に挙げた3つの変数に影響があるかどうかが問われるべきだ」と、経済学的に常識的な見方を示し、具体的に語られる議論を3つに分類し、それぞれ論破しています。特に本ブログと関係の深い、“原発代替燃料で国富流出”といった議論については、「第3の財政赤字や燃料輸入の指摘は、論点がずれている。財政再建が重要なのは言うまでもない。しかし、財政再建にまず必要なのは景気回復と経済成長であり、経常赤字の削減は財政再建の手段としても目標としても的外れである。燃料の輸入増加もそれ自体が悪いわけではない。『経常赤字は悪』という固定観念から自由になるべきである」としています。つまり、経常赤字を問題にするのが間違っているという立場です。
 基本的には“大機小機”なんですが、“十字路”のようなことが起きないとは言い切れないわけで、当ブログでもいろいろなことになっています。

 1.「アベノミクス大崩壊!! 経常赤字過去最大・・・この額、原発の問題じゃない!!
 2.「これじゃ衰退する日本経済・・・経済人も経済記者も「国富流出」!!(2)
 3.「「国富流出論」、誤りの核心-再稼動原発の発電コストを問え!!

 1.は、“国富流出”とか言って原発代替燃料を悪者にしているアベノミクス賛同派に対して書いたつもりで、経常赤字の主原因は原発代替燃料ではなくて、その国富流出にこだわるアベノミクス自身だと実証してみたものです。言ってることとやってることが矛盾してるぞ、というつもりなんですが、今これ読むと、当ブログが経常赤字を問題にしているみたいに見えますね (^_^)ゝ゛。
 でもまあ、“国富流出”(貿易赤字・経常赤字)にこだわることは実は意味がないと、2.と3.では書いちゃっているわけです。

 で、本日は、そういう考察の問題じゃなくて、日本経済新聞、単純に数字が読めていない、という話でした。この記事書いた記者、それを通したデスク、編集委員、そろって簡単な表も読めない低能もしくは妄想家なのか、原発推進のためならどんなインチキな宣伝でもする悪質な連中なのか、どちらかです。


【追加3/20】日経HPのスクリーンショットを追加しました。

tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://fkuoka.blog.fc2.com/tb.php/1099-a3f306c5

<< topページへこのページの先頭へ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。