お薦め記事

スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)
tag :

火砕流がよけて行く川内原発!! 九電シミュレーションの怪しさ

2014-03-24
 先日も書きましたが、九州電力川内原発の安全審査、見れば見るほど怪しさは増してきます。

川内原発噴火5
(原子力規制委員会HPより「資料2-2川内原子力発電所 火山影響評価について(コメント回答)【PDF:28.8MB】」)

 なんか火砕流、川内原発を“よけて行く”のですね。↑これ結局、川内原発に到達しているように見えますが、周りはべったり火砕流だらけなのに、川内原発のところだけポカッと、隙間になっています。
 ここ、追求しないのはおかしいです。もちろん、規制委員会でもやっています、“穏健な”言い方ではありますが。

吾妻専門委員
(埋め込みコードが出来ないように設定されていますので、外部リンクとなっています)

 規制委・吾妻・規制専門委員、九電シミュレーションについて「2点教えてください」と、突っ込みます。第1点は、「初速度がゼロに設定されている」点です。これは「噴煙柱が上がって落ちてくるという設定になっています」ね、と。吾妻氏はこうやんわりと表現しますが、要するに、「“火砕流直撃”というイメージとはちょっと違うかな」ということですね。
 そして第2点は、「(九電シミュレーションは)火口を桜島の少し北に置いているが、桜島の山頂とか、姶良とか、他の位置にとったらどうなるか」です。
 これに対する九電・香月・副長の回答は次のようなものでした。

 「(第1点について)今回の計算につきましては、私どもとしては初の試みでございますので、できるだけパラメーターを少なくしたい・・・略・・・今回は初速度を入れていない。・・・略・・・詰めた段階ではそういったパラメーターを入れるべきだというふうに考えております。(第2点について)本来であれば今の噴火としては桜島から吹く。ただ現在の状況からすると姶良カルデラのどこからでも起きる可能性があるということで、基本は今、(姶良カルデラの)中心からやってます。・・・略・・・ 比較的初期の周辺の地形の影響がございまして、・・・略・・・サイトに向かっては非常に山地がございますので、姶良カルデラ周辺どこにおいても今の計算ですとたぶん来ないという結果が来るだろうということで・・・」

 なぜ川内原発のところがポカッと空白地帯になるのか、問わず語りに回答が出てきました。後半のところです。噴火地点から川内原発方向に(初期の地形として)山地が来るように設定したシミュレーションだったということのようです。
 ここまで言わせておいて吾妻・専門委員はしらっと言います。

 「考え方につきましてはよくわかりました。・・・略・・・パラメーター設定、難しい問題ではありますので、シミュレーション、これが1つの答えだということはまず出せないと思いますので、いろいろなケースを検討していただいて、・・・、想定の幅を広げていくことが望ましいかと思いますので、よろしくお願い致します。」

 いやいや、下手にパラメーターいじったりしたら、川内原発直撃になっちゃうじゃないですか。やっと見つけた「言い逃れパラメーター」だったのに・・・。初速も付けなきゃいけない、噴火位置もいろいろ設定してみなければならない、しかも、いろいろやる必要を第1点への回答で言わされてしまっている!! 九電のシミュレーション担当者、頭抱えたのではないでしょうか。
 この追求を、追求とも感じさせない淡々とした語り方でボソッと語る吾妻・規制専門委員、たいした狸です。

朝日川内火山
(朝日新聞西部本社版朝刊 3月20日)

 共同通信が「川内原発、3万年前に火砕流到達 九電が再現試算提示」と、この審査会合で明らかとなった川内原発の問題点について言及したのに対して、朝日新聞は、九電が作り上げた虚構の安全に飛びつきました。でも実態は、とても「規制委、大筋で了承」とは見えないんですが。吾妻・規制専門委員の突っ込みとか、全然読めてないようです。はっきりと川内原発が「立地不適」となる可能性に言及した島崎・規制委委員長代理の言葉も見えなかったのでしょうか。

 まあ、吾妻・規制専門委員、ここで訊いてみただけで、後は九電の悪あがき(新たなインチキ・パラメーター)を見逃すようなら、全くもってけしからぬ狸ということになりますが。


tag :
コメント:
 露骨に、不審なことをする人物や機関も困りものだが、電力会社のみに理由を付けたがる御用が勢いづくのも困りもの。  
  
[2014/09/30 21:18] | 考え中さん #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://fkuoka.blog.fc2.com/tb.php/1103-984945c0

<< topページへこのページの先頭へ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。