お薦め記事

スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)
tag :

またまた来た「原発代替燃料で貿易赤字」のウソ、2014年2月版

2014-04-08
 財務省から2月の貿易統計が発表されましたので、新聞社各社、報道しています。見出しとしては「2月経常収支、5カ月ぶり黒字 6127億円、輸入増が一服 」(日経新聞HP 4月8日)といったところで、内容は、貿易赤字は続いているものの減少、一方、「第1次所得収支」(資本収支)が改善したため、経常収支は黒字化した、というものです。
 これだけ書いとけばよいのに、新聞記者というのは経済統計表を読む力がないのか、頭がオカシイのか、それともプロパガンダを書きたいのか、無意味な一節を付け加えます。

 「ただ、原子力発電所の稼働停止で液化天然ガス(LNG)などエネルギー輸入の拡大は続く。」(日経新聞HP 4月8日)
 「ただ、火力発電の燃料となる液化天然ガス(LNG)などを中心に、輸入も14・1%増の6兆4745億円にのぼった。」(読売新聞 4月8日)
 「燃料輸入の増加で貿易収支は赤字が続いたが、・・・略」(産経新聞 4月8日)

 そもそも書いていて不思議にならないのだろうか?? なんで今さら、原子力発電の停止で火力発電燃料の輸入が増えなければならないのか?? 政府発表は前年同月と比較している発表です。前年同月といえば、もう日本の原発があらかた止まってしまった更に1年後です。大飯原発3・4号機のみは一時的再稼動で動いていましたが、震災前54基あった原発のうちのわずか2基、それがその後新たに止まったとしても、燃料輸入の増減全体に影響をあたえるほどのものではありません。今、発電用燃料の輸入が拡大しなければならない状況なんて、どこにもありません。

 実際の政府発表数値を見てみましょう↓

LNG貿易量201403
財務省HPから 平成26年2月分貿易統計(確速)(PDF版)部分)

 液化天然ガス(LNG)の輸入、数量見れば、「-0.2%」と、輸入量横ばい(微減)です。これで「輸入の拡大」(日経)とか「燃料輸入の増加」(産経)とか書くか!?
 もちろん、輸入価額は「11.4%」の増ではあります。これは単に、平成26年2月分貿易統計(速報)の概要に書いてある「前年同月比:12.4%の円安」が輸入額を押し上げたに過ぎません。

 これで“発電用の燃料が増えた”といった記事を書くとは、日経・読売・産経の新聞記者、よほど頭悪いか?? まあ、原子力ムラ身内の読売や、右へならえの産経の記者は、ウソとわかっていてプロパガンダ書いてるんだろうけど、株主たちの味方・日経新聞、あんまりバカなこと書いてると、経済情報紙としての信用なくすぞ。
 (・・・実は原子力ムラ身内の読売の書き方が一番慎重で、「増」という言葉の解釈を、“単に数値の増減を表しただけ”と読めば、この一文全体が「価額の増加に言及しただけ」とも読みえる。それなら、別に間違っているわけではない。・・・実に狡猾!!)


tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://fkuoka.blog.fc2.com/tb.php/1119-86d6a466

<< topページへこのページの先頭へ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。