お薦め記事

スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)
tag :

逃げるが勝ち!! チェコ、原発や~めた。バイバイ東芝(^O^)/~~~~

2014-04-14
 チェコは、予定されていた原発の入札を取りやめたそうです。

 「東芝傘下が受注有力だったチェコ原子炉入札中止」(読売新聞HP 4月11日)

 注目点はやはりこれ→「チェコ電力は、世界的なシェールガス開発などを背景に欧州市場での電力価格の先行きが不透明で、投資額を回収できるか見通しが立たなくなったことを理由に挙げた」(上掲リンク先)。
 要するに、原発の経済性が見限られたということです。競争相手となる他の発電方式より安く発電できるとは考えられない、儲からない、投資に見合わない、ということです。

 こういうこと書くと、東芝傘下ウエスチングハウス、「チェコでは苦杯をなめたものの、ウクライナじゃしっかり商売成功してるぞ、原発だって捨てたもんじゃない」とか、言いたがる連中もいるかもしれません。

 「ウクライナ原発へ燃料棒の供給延長…東芝子会社」(読売新聞HP 4月12日)

 まあ現在、原発依存率が50%を越えるウクライナじゃ、燃料確保に走らざるをえないといったところでしょうが、記事読んでいくと「あれぇぇぇ」です→「WH(ウエスチングハウス)社によると、『ウクライナ政府は、WH社をエネルギー源の多様化や安全保障の重要なパートナーと位置づけた』という。WH社は、米政府の資金的な支援も期待している」・・・結局、資金援助です。現在のロシアとの危機的状況下において、引き出せるものは引き出してしまおう、というところですね。

 普通に考えれば、今、原発が経済的に引き合わないことは明白です。フリーハンドで意思決定をできるチェコや、同じく、かつて触れたベトナムなんては、「逃げるが勝ち」モードです。ただ、昔作っちゃった原発を抱えてる所が、ジタバタとしているだけです(核軍備をしようとしているところは話が別ですが)。

 なんと言うか、原発の呪縛に一番ハマっちゃったところ、金があれば自力で逃げられたんだけどね・・・。

東電募集
(朝日新聞西部本社版朝刊 4月12日)

 実際、逃げられない、逃げられない↓

 「別建屋に汚染水移送=福島第1で203トン-東電」(時事通信HP 4月14日)
 「汚染水、最大1トン漏えい=セシウム濃度1640ベクレル-福島第1」(時事通信HP 4月13日)

jaaaa.png
jaa.png
boko.png
東電発表資料4月14日から)

 もう、“どのポンプのスイッチ入れると、どこからどこに水が流れるのか、ひっちゃかめっちゃかで、わからな~い”、そして、“あちこちにタンクあって、おっと、なんかぶつかっちゃうんだよね~”状態のようです。チェコやベトナムと違って、逃げ道はありません。
 どうやって現場を立て直すんだ、東電!!


tag :
コメント:
はじめまして。
反原発派の常先輩と申します。
今の日本では管理能力ないと思います。
その結果が今出ていると思います。
次こそは安全です、と言われても、信用ありません。
反原発訴えていきましょう!

ブログ:常先輩の小説のはずです
反原発短編小説:オレンジゾーン アインシュタインに逢いたくて   
[2014/04/15 01:32] | 常先輩 #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://fkuoka.blog.fc2.com/tb.php/1125-98f4ffb9

<< topページへこのページの先頭へ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。