お薦め記事

スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)
tag :

だから国など信用しちゃいかんのだ・・・国、避難指示解除・都路地区の汚染を隠蔽!!

2014-04-17
 これって、「だまし討ち」という言葉より適切な言葉が見つかりません。
 本年4月1日から、避難指示が解除された田村市都路地区、ここで暮らすと、「個人被曝、6割以上の場所で年間1mSv(国の安全基準)を超えてしまう」ということがわかっていて、国は避難指示を解除したそうです。しかも、わかっていることを住民には内緒にして。

個人線量非公表
(朝日新聞西部本社版朝刊 4月16日)

 国はどういうつもりなんでしょう?? 単に避難住民への生活支援費用をケチりたかったのか、それとも、1mSv/年を超えたところで生活する人間のサンプルが欲しかったのか?? いずれにせよひどい話です。
 東京新聞(4月17日)の記事によれば、「都路地区の自宅に戻った男性(65)は『解除は時期尚早だった。私たちはだまされてきたということだ』と話した」そうです。

 ただまあ、この結果は、脱原発系のブログやツイッターでは、皆予測していたことではあります。当ブログでも、環境省のHP↓から、

除染サイト
環境省「汚染情報サイト」から)

 グラフを抜き出し、ちょいと判断基準を書き込み、危ないんじゃないかと書いています。

都路地区放射線量
当ブログ記事 3月30日から)

 なんせ都路地区のこのデータ、「除染」後(青のグラフ)でも年換算1mSvを下回る所が無い!! 家屋の中では、家屋が遮蔽物となり、多少放射線量が下がりますが、それも上の朝日の記事にあるとおり、0.7掛けくらい。家の中だけで生活するわけじゃありませんから、この辺りで生活してたら、あらかたダメでしょ。もともと内部被曝も計算に入ってないし。
 国のデータでさえ、ちょっと注意深く見ていれば、とても帰還などできる場所ではないことは最初から明らかです。

 それでもここへ帰るわけですから、そういう人達っていうのは、覚悟の上かと思っていましたが、東京新聞の「男性(65)」とか、そうでもないのでしょうか??

 現在進められている原発の“規制基準への適合性審査”、安倍内閣メンバーは簡単に「安全基準」と言いますが、当の規制委・田中委員長などは、絶対にそういう言葉は使いません。以前は「新基準」でしたが、今は「規制基準」です。“これで安全と思ってもらっては困る”、というわけです→「原発新基準の呼称『規制基準』に 規制委が変更」(日経新聞HP 4月3日)。
 都路地区の汚染状況のように、国の出すメッセージの意味は、ちょっと注意して見れば結構明確なこともあるわけで、原発の「規制基準への適合性審査」、これは“全然安全を意味しない”と読み取って、原発再稼働問題は考えていかなければなりません。(脱原発派にはあまりにも明らかな常識だが、政府とか読売とかに騙される・騙されたい連中、よ~く今回の事態を理解しろよ!!)


tag :
コメント:
「騙されてもイイのアタシ。あなたについて行きたいのアタシ」女だけかと思っていたら、男の方が多いんだな。そんな騙せたれたい男に付いて行ってしまう女。
 あ~ぁ、日本崩壊だね。
[2014/04/17 23:38] | hotaka43 #mWyI0ZzU | [edit]
人間、誰だって自分の見たいものを見るし、信じたいものを信じてしまう習性があります。
推進派はそれを分かっていて利用してるだけです。
被害者を分断して争わせ、反対勢力を弱めることにもなるわけです。

そもそも3.11前の「五重の壁」やら「大事故はウン万年に一度」等も
「騙されてもイイの日本人。あなたについて行きたいの日本人」と
安全神話を信じる習性を利用されてきたわけです。
[2014/04/24 16:23] | 考え中さん #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://fkuoka.blog.fc2.com/tb.php/1128-e1651850

<< topページへこのページの先頭へ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。