お薦め記事

スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)
tag :

福島原発の崩壊、第2ステージの始まり

2014-04-18
 まずは福島原発・地下水バイパス計画“頓挫”と、都路地区住民“騙し討ち”事件のその後です。

 福島原発の地下水バイパス計画、当ブログ、ちょいと先走って「頓挫」って、書いちゃったけど、 やっぱり頓挫してます。

 「くみ上げ用井戸で1600ベクレル 東電の基準超、再分析へ」(福島民友 4月18日)

 ↑この記事で聞き捨てならないのが、「東電も個別での停止を検討しているが、判断基準は『全体の濃度に与える影響が大きい場合』と具体的的な濃度を示しておらず、県は同日、東電に対し早急に明示するようあらためて求めた」というところ。前回の記事で書いたように、東電、やっぱり居直って、それでもバイパス計画強行して汚染水を海へ放出するつもりじゃないだろうな。

 【4/19追加】海洋放出の基準クリア=くみ上げ地下水610トン-福島第1」(時事通信HP 4月18日)・・・ううっ、基準値オーバーの話はなかったことにされてます。


 一方、住民を騙し討ちにした田村市都路地区の避難解除、今さら公表された各地の汚染状況のひどいこと↓

 「全生活パターン1ミリシーベルト超 川内、飯舘の推計値」(福島民友 4月18日)

 見出しに騙されちゃいけない。「1ミリシーベルト超」なんてもんじゃない。本文中からピックアップすると、

 川内村
  農業は年間1.3~3.5ミリシーベルト
  林業は年間4.8~5.5ミリシーベルト
 飯舘村
  農業は年間7.1~16.8ミリシーベルト
  林業は年間8.8~17ミリシーベルト
 飯舘村蕨平(わらびだいら)地区
  高齢者でも年間16.6ミリシーベルト

 です。

 う~ん、ここしばらくと合わせ、このあたりの動きを見ていると、福島原発崩壊の第2ステージが始まったんじゃないか、なんて思ってしまいますね。
 2011年3月11日からの数週間、福島原発は東日本大震災を発端とする大規模な物理的崩壊をしたわけですが、ここ数日の出来事は、それにも匹敵する再びの崩壊が、福島原発に迫っていることを予感させます。今度の崩壊は、地震・津波ではなく、組織的、運営的、人的な壊滅がトリガーを引く崩壊です。上の2件では、関係者のモラルが完全に壊滅しています(まあ、これは今に始まったことではありませんが)。

 でも壊滅しているのはモラルだけじゃありません。
 2日前にはこんなことがありました→「第1原発ALPSで汚染水漏れ 装置洗浄中に1トン」(47NEWS=共同通信 4月16日)。現場作業での技術的な基礎が壊滅状態です。

 そして極めつけは4日前にも当ブログで書いたことです↓

 「別建屋に汚染水移送=福島第1で203トン-東電」(時事通信HP 4月14日)
 「汚染水、最大1トン漏えい=セシウム濃度1640ベクレル-福島第1」(時事通信HP 4月13日)

boko.png
東電発表資料4月14日から)

 4日前の当ブログ記事では「もう、“どのポンプのスイッチ入れると、どこからどこに水が流れるのか、ひっちゃかめっちゃかで、わからな~い”、そして、“あちこちにタンクあって、おっと、なんかぶつかっちゃうんだよね~”状態のようです」と、書きましたが、これって要するに、現場の人的管理が壊滅状態だっていうことです。誰かがスイッチ操作しなければ、そして、誰かがタンクを傷つけなければ、こんなことにならないわけです。

汚染水誤送
(朝日新聞西部本社版朝刊 4月15日)

 ↑「東電は100人以上の作業員を聴取したが、誰が弁を開けたかは不明のままだ」そうです。

 こんな管理体制だと、次にさらに大規模な事故が起きるでしょう。福島原発崩壊の第2ステージ、それが始まっていると考えるべきしょう。


tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://fkuoka.blog.fc2.com/tb.php/1130-5b2cd910

<< topページへこのページの先頭へ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。