お薦め記事

スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)
tag :

福島と柏崎刈羽原発、2つの防潮堤・・・これで次に何が起こるかが分からなければバカだ

2014-04-20
 先日(4月2日)、チリ沖を震源とする地震で津波が発生した際、当ブログでは福島第一の防潮堤の現状を紹介しました。その時、ちょっとネット検索しているわけで、他の原発の防潮堤も当然、目に入りました。と、いうことで、並べてみましょう。

柏崎刈羽原発防潮堤
柏崎刈羽原発

福一土嚢
福島第一原発

 柏崎刈羽原発については、防潮堤についての詳しい説明もあります↓

柏崎刈羽防潮堤
柏崎刈羽原発HP)

 一番上の写真は、この盛り土部分と壁との接続部分ということになります。

 なるほど、日本海側の柏崎刈羽原発ではこんな立派な防潮堤が必要ですが、太平洋側の福島第一原発では土嚢程度で十分、たいした備えは必要ない、というわけですね・・・。

 だからもう無理だって、東京電力に福島第一原発の処理をさせるのは。企業としては金を生む可能性のある柏崎刈羽原発には投資しても、金を生まない福島第一原発には一銭も投資したくない。それが如実に現れてしまっています。
 しかしもちろん、大規模な津波が頻発するのは太平洋側であって、しっかりした防潮堤を作らなければならない必要性がより高いのは福島第一原発の方です。まだ核燃料は施設に残ったまま、そして向こう数十年、その状況が変化する見通しはないのですから。
 柏崎刈羽原発のあのバカ高そうな防潮堤だって必要性があるから整備しているのでしょう。それならば、福島第一原発には、それ以上のものが早急に必要なことになります。

 さっさと東電を解体し、適切な措置を取らないと、取り返しの付かないことになります。(というかこの現状を放置している安倍内閣、および経産省を解体しないといけないのだが・・・)。次の津波は待ってはくれません。


tag :
コメント:
 いやいや、イチエフの堤防なんかにお金をつかっちゃったら、僕らの所に廻って来る分が減っちゃうじゃないですか。とんでもない事を言いでないよ。
 柏崎はこれから動かせば未だ生むんだから、そりゃあ必要なんだよ。君には利権、というものの本質が分かっていないようだねえ。もっと勉強したまえ。
 「だって」さあ。
[2014/04/21 05:10] | hotaka43 #mWyI0ZzU | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://fkuoka.blog.fc2.com/tb.php/1131-c22fa55f

<< topページへこのページの先頭へ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。