お薦め記事

スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)
tag :

小さいけれど大切なこと

2011-11-23
 あまり派手なニュースになりませんが、少しずつ事態が動いているところがあります。
 まずは11月16日付朝日新聞。「老朽化の原発 専門家ら審査」。

朝日新聞111116

 経産省原子力安全・保安院が意見聴取会を設けるとのこと。四国電力伊方2号機、東電福島第二1号機、関西電力美浜2号機が審査の主な対象、そして、脆性遷移温度の異常上昇が起きている九電玄海1号機も検討の対象。
 しかしなぁ~、経産省のお手盛り審査では大した期待も抱けないか・・・。もっとも、ここでゴーサインを出して事故でも発生したら、この審査委員会メンバー、世論から袋叩きになること確実、というプレッシャーがかかれば、それなりの検討はするかも・・・。ネットでの監視、頑張っていく必要があるでしょう。こういう小さなことが肝心・・・今までできてなかったからなぁ・・・反省。

 以下は九電ネタと、福岡市ローカルねた各1。
民間の太陽光・風力発電基金 九電、助成廃止へ」朝日新聞11月18日。

朝日新聞111118

 まあ、そんなものでしょう。やらせメール問題で叩かれた九州電力、腹いせに代替エネルギー支援、打ち切りです。もっとも、この種の“支援”は、代替エネルギーを安楽死へと導く巧妙な罠だったりもしますので、打ち切ってもらったほうが良い場合もありますが、これはどんな展開になることやら。


放射線量測定機導入へ 福岡市、来年2月にも」西日本新聞11月18日。

西日本新聞111118

 福岡市は、放射線量測定器(シンチレーションサーベイメータ)42万円也、を、購入することに決めたとのこと。この程度の価格のものの導入が、やっと今、というのはなんだかな、とも思いますが、まあ導入しないよりは絶対導入した方が良いですから・・・。福岡市の西半分はPPAにかかります。またPPAに入らない地域でも、玄海原発事故が起きれば放射能汚染は広範に広がります。シンチレーションサーベイメータは必需品です。それも本当は何台も必要なのですが・・・。
 2月になってしまうのは、メーカーの供給が追いつかないためとのこと。今頃各地で慌てて導入しているところ、というところでしょうか。

tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://fkuoka.blog.fc2.com/tb.php/114-dd0b50b5

<< topページへこのページの先頭へ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。