お薦め記事

スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)
tag :

やっぱダメ、アベノミクス・・・火力燃料費の問題じゃありません、2013年度経常収支の惨憺

2014-05-12
 2013年度の経常収支が財務省から発表されました→「平成25年度中 国際収支状況(速報)の概要」(財務省HP 5月12日)。
 メディアはこぞって「火力燃料費が増加」と書きます。

 「原発代替の燃料輸入増と輸出の伸び悩みで、貿易赤字が拡大した。」(msn産経ニュースHP 5月12日)
 「火力発電の燃料輸入増と輸出の伸び悩みで、貿易赤字が10兆8642億円と過去最大になった」(47NEWS=共同通信HP 5月12日)
 「原発の稼働停止に伴い、火力発電用の液化天然ガス(LNG)など燃料の輸入が急増した上、円安で輸入品の価格が軒並み上昇し、貿易赤字が膨らんだ。」(時事通信HP 5月12日)
 「火力発電に使う燃料やスマートフォンなどの輸入拡大に円安も加わり、輸入額は前年度比19・6%増・・・」(朝日新聞HP 5月12日)
 「原子力発電所の稼働停止で液化天然ガス(LNG)などエネルギーの輸入が急増。13年度の平均為替相場は1ドル=100円程度で前年度より約17円の円安が進み輸入価格を押し上げた。」(日経新聞HP 5月12日)

 こいつらアホ丸出し。だって、あらかたの原発が止まったのは2013年度の話でも、2012年度の話でさえなく、2011年度終わりころ(2011年12月~2012年3月)。大飯原発2基はその後もしばらく動いていましたが、54基あった原発のうちのわずか2基、大勢に影響はありません。つまり、今回の財務省発表が比較対象としている2012年度には事実上既に原発は止まっており、そこから発電状況、2013年度には何の変化もありません。新たに急激に電力需要が高まるような好景気があったわけではなし、数量ベースで見れば、発電用燃料の急増なんて、どこを見てもありません
 実際、財務省の貿易統計から輸入量の数字を拾ってみれば、↓こんなことになります。

原油輸入量推移

LNG輸入量推移

 液化天然ガス(LNG)については、原発停止の前後で輸入量が増えたことがわかります。しかし数値が「急増」したのは2011年度で、今回の財務省発表が対象としている「2012年度→2013年度」ではありません。
 さらに、原油・粗油ついては、原発停止前後で、どこがどう増えたのか、全然わかりません。
 なぜ分からないのかと言えば、話は簡単で、

石油製品用途2012
(グラフの説明は→ こちら

 発電用に使っているのは原油全体の15%で(これは以前より増えたことは増えているのですが)、他の原油使用の変動に飲み込まれてしまったからです・・・というか、原発代替燃料ぶんというのは、その程度の僅かな量にすぎないのです。

 ということで、いずれにせよ、今さら急に増えようもない原発代替燃料について、どうして「急増」とか書けるのでしょうか!? 上に挙げたメディア、アホすぎ。

 でも何で、「燃料輸入が増えた」と書くかというと、財務省発表に書いてあるからでしょう。「1.貿易・サービス収支 」の(1)の②の更に②です↓

 「②「商品別」では、原粗油(同+2兆2,994億円[+18.4%];数量は+1.5%)、液化天然ガス(同+1兆1,287億円[+18.2%];数量は+1.0%)、半導体等電子部品(同+8,213億円[+44.0%])等が増加。」(財務省HP 5月12日)

 原粗油も液化天然ガスも18%以上の輸入増となっています。
 もちろん、これは輸入額の変化で、数量ベースでは「+1.5%」とか「+1.0%」と、ちゃんと微増にすぎないことが記されてもいるのですが。
 で、なんでこんなに輸入額が増えてしまったのか、しっかり次の行に理由が書いてあります

 「[参考2]原油価格(石油連盟)
     ドルベース:110.00米ドル/バレル(前年度比▲3.4%)
     円ベース:69,217円/キロリットル(前年度比+16.6%)」

 要するに(アベノミクスの)円安で輸入額が上昇した、というだけのことです。
 日本の輸入物品のうち、最大の項目は燃料になりますから、円安になれば最も大きく赤字に見えるのが燃料となるのは、当たり前です。
 で、ここからメディアが特にアホなのは、財務省の発表では何も言っていない、その赤字の主因を原発代替燃料のせいにしている点です。エネルギー使用の一部分(電力)の一部分(多くは既存火力発電用で原発代替燃料ぶんは一部)にすぎない原発代替燃料が、日本の貿易収支を一気に赤字にするほどの比重占めてるわけないじゃないですか。原因は別にあります。

 ま、上の引用記事の一番下、日経新聞の書き方は、多少とも言い逃れできるように円安を書き足していますが、「エネルギーの輸入が急増」とか書いてたらダメでしょ。
 そのあたり巧妙なのが読売新聞と毎日新聞、

 「円安が進み、原子力発電所の停止で火力発電の燃料となる原油や液化天然ガス(LNG)などの円換算した輸入額が増えたためだ。」(読売新聞HP 5月12日)
 「原発停止で、火力発電燃料の液化天然ガス(LNG)などの輸入が高止まりする中、円安で輸入価格が上昇。」(毎日新聞HP 5月12日)

 原発代替燃料のことを針小棒大に印象づけていることはそうなのですが、基本は円安が原因であることをきちんと書いています。

 で、結局、実は読売・毎日まで合わせて、以上で触れた記事は全部、大アホです。なぜなら、燃料輸入の話は「貿易収支」の話で、それは既に発表済み、先月4月21日の話で、今回発表の要点は「経常収支」なのですから

 と、いうことで、私もアホで、前フリ長く書きすぎましたので、以下、簡単に行きます。
 やはり本日、財務省から発表された「平成26年3月中 国際収支状況(速報)の概要」から、季節調整済みの経常収支です↓

経常収支2014-3

 当ブログで以前作成した図↓と見比べていただくと一目瞭然です。

経常収支2

 経常収支、真っ逆さまに転落中のアベノミクス、2月には多少は持ち直すかに見えましたが、また落ち込み、既定転落路線に復帰しました。
 経常収支が経済においてどういう意味を持つのか、ま、ある程度はどうでもいい問題ですが、輸出振興、“産業競争力の回復”を一つの目的とするアベノミクスとしては、これは失敗でしょ。
 こっちが今回の主題なのに、何やってるのかメディアは・・・


tag :
コメント:
経常収支が赤字だったら問題だ、という発想が一番の間違いですよ。

経常収支は別に日本の稼ぐ力とかいったものではありません。

大学1年生で習うことですよ、これ。

http://www.canon-igs.org/management/miyako_suda/20140410_2492.html
[2014/05/13 13:27] | no name #- | [edit]
 その点については当ブログ、既に書いています。上の記事でもリンクさせてあります(最後のところ「経常収支が経済においてどういう意味を持つのか、ま、ある程度はどうでもいい問題ですが」のところ→http://fkuoka.blog.fc2.com/blog-entry-1073.htmlへ行きます)。
 ただ、この経常収支については、安倍内閣こそが、大きなこだわりを持っているわけです→「『原発早く動かすこと考えないと』と麻生財務相 経常収支悪化の改善に向けて」(msn産経ニュース http://sankei.jp.msn.com/economy/news/140513/fnc14051311300007-n1.htm)。
 ですから、お節介にも、その安倍内閣の政策アベノミクスこそが、経常収支悪化の元凶であるというバカバカしさを、指摘してあげているわけです(本記事は本件のもとである貿易赤字について書いた記事、「原因は別にあります。」のリンク先記事http://fkuoka.blog.fc2.com/blog-entry-1132.htmlの第2弾となります)。
 ですから、上の記事の結論部分は、「輸出振興、“産業競争力の回復”を一つの目的とするアベノミクスとしては、これは失敗でしょ。」となっています。

[2014/05/13 18:08] | ぽちたまみけ #- | [edit]
だってゴルフにお食事接待受けてるんだもん、こう書かなきゃ怒られちゃうんだよぅ。
あの金官房機密費から出てるんだしさぁ!
鼻血の話と同じなんだよぅ。
[2014/05/13 19:59] | hotaka43 #mWyI0ZzU | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://fkuoka.blog.fc2.com/tb.php/1158-b321162f

<< topページへこのページの先頭へ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。