お薦め記事

スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)
tag :

鼻血が増えないほうが不自然なのに、国が全力を挙げて否定とは何ごとか!!

2014-05-18
 『美味しんぼ』の鼻血問題、小学館は結局、「美味しんぼ」の連載を休止するとか。

 「『美味しんぼ』休載へ=19日発売の最新号で釈明-小学館」(時事通信HP 5月17日)

 一方、安倍首相の方は、

 「『根拠ない風評には国として全力を挙げ対応する必要』 美味しんぼ描写に首相」(47NEWS=共同通信 5月18日)

 いや、安倍がバカなのは前から分かっていたことだが、なんでここまで非科学的な話になるんだ!! 「根拠ない」かどうか、調べもせずに、なんで決めつけられる!!

 ネット上の皆さん、一瞬にして既存研究データを探し出してきて、提示されています。

 「鼻血に関して両地区とも高いオッズ比を示した(丸森町でオッズ比3.5(95%信頼区間:1.2,10.5),双葉町でオッズ比3.8(95%信頼区間:1.8,8.1)」(中地重晴・熊本学園大学教授「水俣学の視点からみた福島原発事故と津波による環境汚染」、『大原社会問題研究所雑誌』661号2013年11月号)

 「真実を探す」ブログさん(5月17日)で紹介されていました。滋賀県長浜市木之本町と比較した場合、福島被災地の丸森町と双葉町では、それぞれ、3.5倍、3.8倍、鼻血を出したと回答した者が多かったとのことです。これ、ちゃんとした疫学調査で、信頼性の検定もされています。

 Alexander N. ARYNCHYN氏その他の方のなされた調査を基に、いろいろと議論されているのがtoggeter「チェルノブイリの知見から外挿しうる鼻血頻度(美味しんぼ)」。チェルノブイリに関する報告書(日本語抄訳→こちら)でも利用されたデータを基に、具体的な被曝量と鼻血の関係を推計する式まで作られています。一読の価値有りです。
 で、ちょっとだけ、その元データ↓

鼻血統計
京大サイトから

 残念ながら鼻血については統計上有意にはなっていませんが(サンプル数が少なかったせいだと思われます・・・被災地133名、対照群186名)、オッズ比にすれば(被災地の鼻血報告者パーセンテージ÷対照群の鼻血報告者パーセンテージ)、チェルノブイリ事故被災直後(調査1回目)4.6倍、被災3~5年後(調査2回目)3.2倍、と、中地重晴・熊本学園大学教授の結果と整合的です。

 日本でも、チェルノブイリ事故の避難レベルに汚染された地域は広大に広がっています。というか、広さそのものはともかく、そこに住んでいる人間の数が問題です(多い)。しかも日本じゃ、避難していません。チェルノブイリ事故では、鼻血が出るのはあたりまえのこととされています(これとか、これとか、これ・・・)。チェルノブイリ事故の知見を元に、ちゃんとデータ収集し、これから起きてくるであろう事態に備えなければなりません。「美味しんぼ」を叩いていられるような状況じゃありません。鼻血の次には、更に深刻な健康被害が予想されるわけですから。

ウクライナ福島再構成小
ウクライナ基準で見た、避難該当地域

 ただ、今回のトピック、鼻血が増えたといっても、チェルノブイリのデータでは1%程度から、3~4%程度に、ですから、その辺の医者に聞いてみて、増えたかどうか分かる話ではないでしょう。元の状態と比較すれば3~4倍になっているとはいえ、その気でデータ取らないと、「鼻血出した人、たいしていないよ」ということになってしまう数字かと思われます。

 で、現実の福島で、この鼻血出血者3~4%という数字に妥当性があるかというと・・・

 「鼻血を出していた子ども/福岡・・・26%/福島・・・3.4%」(「はちま起稿」ブログさん)

 ちょっと当方とは方向の違うブログさんですが、福島の鼻血出血者比率については、これまで書いてきたことと実に整合的な数値を提示されています(調査手法はちと怪しいが・・・)。

 国として全力を挙げて対応する必要がある」ことは、「美味しんぼ」を叩くことじゃなくて、実態をきちんと解明することです。


(いや・いや・いや、しかし・しかし・しかし、福岡での鼻血出血者が26%、って、なんてところにワシ住んでるんじゃ!!
 ぁゎゎ・゚・(;´゚д゚)ゞ・゚・ぁゎゎ・・・ 空気清浄機!! 空気清浄機!!)


tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://fkuoka.blog.fc2.com/tb.php/1164-f92152e7

<< topページへこのページの先頭へ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。