お薦め記事

スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)
tag :

計算してみたら怖すぎる!! ホットパーティクル

2014-05-27
 昨日のホットパーティクルのリンク先を読んでみると、福島事故で放出されたホットパーティクルの正体、いろいろ説明してあります。で、これで被曝するとどうなるか、計算してみました。(計算そのものは無理があるものですが、結果は気に懸けるのに十分なものだと思います)。

ホットパーティクル
nature.comからスクリーンショット)

 ↑ホットパーティクルの一粒(写真のよりも小ぶりな直径2μmのもの)の発している放射線量は1.4Bqだったと書いてあります。内訳はCs134が0.78Bq、Cs137が0.66Bqとのことです(1.4Bqというのは、四捨五入して切り捨てたものでした)。
 で、今回のケースでは、セシウムが人間の代謝経路に入るわけじゃなくて、体表面(鼻の粘膜とか肺胞の表面とか)に付着するわけですので、よくある内部被曝の換算係数なんては使えません。体表面・外部からの直接被爆です。
 外部からの直接被爆を計算するには↓こんな式になります。

実効線量外部被曝
(『放射線緊急事態時の評価および対応のための一般的手順』 より85頁)

 なんか複雑ですが、まずは直接体表面に付着ですから「遮蔽を無視するためには遮蔽厚dをゼロに設定する」ということで、(0.5)のなんたらかんたら乗の部分はあっさり「1」とさせていただけば、話はまあ、簡単で、被曝期間をT時間として、

 Cs134   実効被曝線量 = {(0.78×10^-3)×(1.6×10^-7)×T}/(1×10^-6)^2
 Cs137   実効被曝線量 = {(0.66×10^-3)×(6.2×10^-8)×T}/(1×10^-6)^2

 となります。え~、ここで、線源からの距離Xをどうしようかなと思ったのですが、ゼロじゃ計算できませんので、直径2μmの球の中心が仮想線源ということにして、距離Xは1μmにしてあります。なお、(1.6×10^-7)と(6.2×10^-8)は、上の式のリンク先の88頁にある表E1に書いてある換算係数です。
 これを計算すると、次の式が得られます

 総実効被曝線量(Cs134+Cs137) = 1288.9 × T (mSv)

 つまり、ホットパーティクルが付着した場所の細胞の被曝線量は、1時間あたり1.3Svほどということになります。なんと、これはもう全然、低線量被曝なんてもんじゃないじゃないですか。ホットパーティクルによる被曝を考える場合、「被曝致死量」なんて概念、無意味ではありますが(全身被ばくした時の値ですから)、でも、ま、「被曝致死量」とされるのは、とりあえず6~7シーベルトです。ですから、数時間もすればこの細胞、たぶん死にます。
 で、細胞が死んだってホットパーティクル、別に都合よく排出されるわけじゃないでしょうから、今度は次にくっついたお隣の細胞を被曝死させるでしょう・・・。で、どうなるんだ??

 昨日、当ブログ記事に「えまのん」さんからコメント頂きました

 「『鼻の粘膜のマイクロ・ホットスポット』説が正しいと仮定するならば、同様にポワソン分布にもとづいて『肺まで達して肺癌発生』やら『眼球付着で眼の毛細血管負傷からの出血』の率も増加するはずではないでしょうか?/鼻血以外、とくに眼球出血という鼻血以上に目立つ特殊な状況が増えたという話も聞きませんので、『鼻の粘膜に着いた何か』が原因としても、それはマイクロ・ホットスポットになるような放射性物質ではなく、PM2.5のような非放射性物質の微粒子であると考えるのが妥当では?」

 後半はまさに、いろいろと取りざたもされているし、昨日・本日と当ブログでも書いているホットパーティクル説のことだと思います。ポアソン分布の話、別にホットパーティクルの散布の話としても、別に同じことなので、微粒子かポアソン分布かという話が対立しているわけではないと思います。問題があるとすれば、鼻の粘膜への異物の粘着というメカニズムを考えると、他の部位と同列に分布を考えることができなくなりますので、そこに問題があることになります。もともと鼻は、肺に異物を入れないためのゴミ取り場ですから、眼球よりも多くホットパーティクルを集めそうです。呼吸量もバカになりません。(ただこの場合も、何人の人にどの程度の量が付着するのかという統計的分布と考えると、やっぱりポアソン分布は有効のはずです)。
 で、まさに考えなきゃいけないのは、コメントの前半です。「『肺まで達して肺癌発生』・・・の率も増加するはずではないでしょうか?/・・・鼻血以上に目立つ特殊な状況が増えたという話も聞きませんので」の所、これでいいんでしょうか?? ホットパーティクルがくっついた細胞そのものは死にそうですが、そこからちょっと離れた細胞、死なない程度に被曝してガン化しないでしょうか?? で、1個や数個のガン細胞が増殖して、ガンとして認識されるサイズになるまでには、どのくらいの時間がかかるのでしょうか??

 チェルノブイリでは、5年後からガンを含む、様々な病気が急増したという話はよく知られたところです。「鼻血以上に目立つ特殊な状況が増えたという話も聞きませんので」というのは、「まだ聞きません」というだけのことかもしれません。
 ホットパーティクル“地獄玉”を多量吸い込んでしまった人々が、恐らくは大量にいます。国は「美味しんぼ」の鼻血を否定することに血道を上げるなどというバカなことをするよりも、他にすべきことがあるはずです。福島事故の被爆者、特にホットパーティクル被爆者について、全力を挙げて医療調査・対策を行うことを考えるべきです。

 ちなみに、本記事で取り上げているnatureの論文にはホットパーティクルの放出状況地図も掲載されています。

ホットパーティクル地図s
nature.comからスクリーンショット)

 実は数行前、「福島の被爆者」と書かず「福島事故の被爆者」と書いています。この地図を見れば、そう書かざるをえない理由が明白と思います。ホットパーティクルの場合、環境で観測される放射線量値が低いというのは、単にホットパーティクルを拾う確率が低いということを意味するに過ぎません(“低線量被曝”になるわけではなく、あくまで“地雷を踏むか踏まないか”です)。上でやった計算が真実の1割でも捉えていれば、一旦吸入してしまったホットパーティクルは、高線量被曝線源として体内に存在し続けることになります。


tag :
コメント:
近距離では逆二乗近似は成り立ちません。
http://togetter.com/li/452430
これは皮膚表面の話なので鼻腔内ではこれの倍ではありますが、被曝量の桁は解ります。
[2014/05/29 05:39] | SW83A #wr80fq92 | [edit]
 はい、仰せの通りですm(_ _)m。
 今回記事の始めの所でも書きましたが、無理は承知の上で、ありものの式に数字を放り込んでいます。
 もともとこの式では、線源と細胞の距離Xをゼロにすれば被曝線量は無限大になってしまいます。とりあえず1μmとしましたが、この値の設定次第で計算結果はどうにでもなってしまう式です。この辺は上の記事の書き方でも(「ゼロじゃ計算できませんので」と、わざわざ書いています)、分かっていただけるかな、と思いつつやっています。
 なぜこんなことをやってみたかと言いますと、「ホットパーティクル被曝はけっして“低線量被曝”と呼ばれるものじゃないよ」と言いたかっただけです。その意味では、それほど外れてないと思います。上の計算はとりあえず、「逆二乗近似による外挿値はこんなもんだ」(^_^);;ということでご寛恕のほどお願い申し上げます。

 で、リンク先の坪倉・矢ヶ崎両先生の議論ですが、服についた放射性物質から一人の人への被曝ということで、計算の途中で、体重で割るという操作が入ります。今回のケースは、部分で受けた放射線は、その部分で影響を及ぼすこともあるだろう・・・体全体で受けたことにして体重で割って、薄めて評価するのはどんなものか、という発想からのものですので、両先生の議論(大雑把に表現してしまえば、点線源で計算するか、面線源で計算するかの違いのように見えます)ともまた違った話となっています。

[2014/05/29 15:15] | ぽちたまみけ #- | [edit]
ミニ核爆弾3発による福島1原発爆発の真犯人はイ・米連合だった
政府・与野党・マスゴミは福島1原発の核爆破真相を隠蔽している
米NSAのJim Stoneが暴露した:
http://www.youtube.com/watch?NR=1&v=YSU5bP12mH0&feature=endscreen 
http://gold.ap.teacup.com/tatsmaki/93.html
[新重要情報]
福島1原発3号炉地下で陸自部隊が核弾頭の製造中に
イ・米連合の核爆弾による爆破の犠牲で
中央特殊武器製造隊員らと同防護隊員らが死亡した
  SNSによれば、3月27日付の英テレグラフ電子版では、 3号炉が爆発した時現場に居合わせた「陸上自衛隊中央特殊武器防護隊」の6人が、 爆発に巻き込まれ死亡していたと報じていた。英テレグラフ電子版に誰かが内部告発したようだ。
  この死亡した防護隊6人は、3号炉地下で核弾頭製造中に同時に死亡した「陸上自衛隊中央特殊武器製造隊」の防護要員だった。
「特定秘密保護法」は、そうした類の情報の発表を禁圧するための、麻生の所謂「ナチの手口」なのだ。






[2014/06/09 06:54] | 前田 進 #QkVfeN.. | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://fkuoka.blog.fc2.com/tb.php/1174-c8152b72

<< topページへこのページの先頭へ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。