お薦め記事

スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)
tag :

電力自由化!!

2014-06-11
 本日、参議院で電力自由化法案が通りました。これ非常に重要です。法律がきちんと施行されれば、我々が電気を買う会社を選べるようになります。

電力自由化
時事通信HP 6月11日

 かくして電力の地域独占・総括原価方式は、その非合理性を問われることなく、うやむやのまま終焉を迎えることになるのでしょう。とにかくやめることが重要ですから、良しとしましょう。
 これからの焦点は、国(経産省)が実際に自由化をちゃんと実施するか、そして、既存電力の妨害行為がどうなるかでしょう。
 スマートメーターをいち早くバラ撒いている関西電力、九州電力エリア、実際に新電力から電気を買えるようになるのか?? 特に、商圏として小さい九州、“スマートメーター・バリア”を突破するだけの投資をする新電力会社が現れるか、懸念されます。

 それにしても、悪質な電力会社と狡猾な電力会社の差、これから如実に出てきそうです。

 「電力小売市場自由化『選ばれるよう取り組む』関電社長の八木電事連会長」(msn産経 6月11日)
 「『安定供給に寄与』=上越火力完工式で-中部電社長」(時事通信HP 6月10日)

 電気事業連合会の会長ですから、関西電力八木社長、インタビューを受けて話をしていますが、「電気料金メニューの多様化や選択肢の拡大を通じて、お客さまに選択してもらえるよう積極的に取り組む」のだそうです。ダメでしょ。電気料金メニューなんて、それで成功した会社があれば、他は後出しジャンケンでマネすれば良いのですから、それで他社に差を付けられるはずがありません。
 ただし、独自規格のスマートメーターをフルに使った割引サービスなら、他社は参入できないわけですから、当面他社に差を付けられるでしょう。しかしこれは、不公正な取引方法です。経産省がデータの開示を「指導」できなければ、公正取引委員会の出動が必要となるでしょう。でもこういうこと、国はサボるんだよな~。
 これに対し上の記事での中部電力、電力自由化に対し、特に何も言っていません。しかし、ちゃんとやることやっています。最新鋭の上越火力発電所の完成です。上の記事によると230万kw、原発2基ぶんです。これはデカい。
 狙いは「安定供給」じゃないでしょう。なんせ原発停止前でも中部電力の原発依存率は10%ちょっと。この程度補うのに、何の苦労もないはずです。狙いは別のところにあるはずです。
 最新鋭発電所で効率良く、安く電気を発電して“格安電気”売り出せば、電力自由化下の競争、極めて有利に戦えます。関西電力の目論むチマチマした“やり繰り値引き”なんて一発で吹っ飛ぶでしょう。中部電力、会社の決算が(原発停止で)赤字だ赤字だと言いながら、ちゃっかり今後の布石として、しっかり投資してます。
 これと較べると実際絶望的なのは、原発停止前、原発依存率50%を超えていた関西電力です。原発再稼働ができない限り、そう簡単に発電コストの削減はできません。しかも関西電力、原発再稼働できたところで、たぶん低迷します。なぜなら、原子力電力は結局、割高だからです。総括原価方式がなければ、原発は電力会社の足引っ張るだけです。八木社長、自分でそれを認めています→「馬脚を露した電気事業連合会・八木誠会長」。
 
 さて、これで東京電力、国はどう税金投入して救済するのでしょうか?? またどうせ訳のわからないことするのでしょう・・・。


tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://fkuoka.blog.fc2.com/tb.php/1189-f3c051bb

<< topページへこのページの先頭へ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。