お薦め記事

スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)
tag :

ここまでやる気ないか川内原発避難計画、鹿児島県知事「10kmで十分」、そもそも噴火予知もできないのに!!

2014-06-14
 ↑表題の通りです。やる気ありません。

鹿児島避難計画やる気なし
(朝日新聞西部本社版朝刊 6月14日)

 鹿児島県知事・伊藤祐一郎、川内原発避難計画(要援護者ぶん)の立案、「10kmで十分」としたそうです。なんでも原子力規制委員会もそう言っているとのことなんですが、原子力規制委員会は「そんなこと言っていない」。
 原発の再稼働には“地元の同意が必要”となってますが、どう見ても地元がまともな思考能力・判断能力を欠いている場合、どうすべきなんでしょうか。
 いや、ここ鹿児島・川内原発は再稼働・第1号・内定状態なので目立ちますが、原発立地地域は似たところが多いような気がするのですが・・・。

 それに加えて川内原発の場合、姶良カルデラの噴火の危険、全く予知も何もできる状況ではありません。西日本新聞、渾身のレポートです↓

川内原発噴火危険
(西日本新聞朝刊 6月11日)

 記事では、九電の噴火想定がいかにインチキなものか、しっかり解説しています。そして日本大・高橋正樹教授の言葉です→「火山影響評価をめぐる原子力規制委員会の基準は、できもしないことをできるかのように定めている」。
 そもそもカルデラ破局噴火が火山学者によって直接観測されたことがないのですから(傍証となり得る事例分析が海外で2つだけ)、科学に何かができると考えるのがどうかしてるわけで、監視体制作ればどうにかなるとする原子力規制委員会の方針は無茶苦茶です。

 とにかく川内原発、問題は再稼働ではありません。カルデラ破局噴火したら火砕流直撃確実な原発です。しかも今、噴火のどのくらい前なのか、誰もわからないのです。課題は“いかに早く核燃料をこの地から撤去するか”です。


tag :
コメント:
そんな大噴火したら、九州全滅してますから
[2014/06/17 16:52] | 考え中さん #- | [edit]
そうなんですよね~、姶良カルデラ噴火、九州人にとっては、川内原発に核燃料があってもなくても同じことでしょう。
で、川内原発に核燃料がなれば、九州全滅です。
川内原発に核燃料があれば、日本全滅です。
つまり、いったいどうするべきか考えなければいけないのは、九州以外の人達なわけだ。九州以外の人、考えてくれ~!!

(でも九州の北の端の福岡なら、姶良カルデラ噴火だけでは死なずに済むと信じたい・・・と、すると、ワシもやっぱり川内原発問題、考えなければいけない・・・九州以外の人に丸投げして終わり、というわけにはいかないか・・・)
[2014/06/18 19:14] | ぽちたまみけ #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://fkuoka.blog.fc2.com/tb.php/1193-e10bcbbb

<< topページへこのページの先頭へ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。