お薦め記事

スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)
tag :

お先真っ暗、福島汚染水対策・・・今日もバイパス井戸は最高値更新!!

2014-07-02
 福島第一原発への地下水流入を低減させるはずだった、「地下水バイパス計画」、効果がなかったと報じられたのは5日前のこと↓。

 「汚染水抑制、効果見えず=開始1カ月の地下水バイパス-福島第1」(時事通信HP 6月27日)

 そのくせ、汲み上げられる揚水井戸の水は、汚染値の上昇を続けています。

 「福島第1原発:地下水バイパス、止まらない濃度上昇 くみ上げ井戸、放射性物質 1年4カ月で4.7倍 /福島」(毎日新聞HP 6月26日)

 この時はトリチウム濃度、2,100Bq/Lでしたが・・・

バイパス井戸140702
東京電力発表資料 7月2日

 本日は2,300Bq/Lで、「*1」(過去最高値検出)が付いています。
 東電は、「どうせ全部の井戸からの水を混ぜあわせて薄めるから、問題ない」と、これまで押し通してきましたから、本日の汚染水も海へ放出されるでしょう。

 そもそも福島第一原発地下への地下水流入をバイパスするのは、原発建屋地下の高濃度汚染水を閉じ込める「凍土壁」の建設と組み合わせての汚染水対策だったはずですが、そっちも大失敗の模様となっています。

凍土壁失敗2
東京新聞 6月26日

 凍土壁作成の前提となる、地下トンネル内高濃度汚染水の凍結止水「氷の壁」、失敗です。
 凍土壁についてはこれまでにも、いろいろと問題がありました。

 「始まった東電福島第一原発の凍土壁工事 早くも障害発生 170ヶ所で地下埋設物とバッティング 東京五輪までのつなぎ策に税金320億円(各紙)」(Finance GreenWatch 6月10日)
 「福島第1、海側の深層に汚染拡大 凍土壁の工事に遅れも」(47NEWS=共同通信 6月24日)

 そして今回の“(「凍土壁」の前哨戦に過ぎない)「氷の壁」が凍らない”、です。なんと産経のコメントが最も厳しいこと言っています↓

 「凍結管の中に冷媒を通して水分を凍らせる技術は、約1500本の凍結管で1~4号機の周囲の土中の水分を凍らせる『凍土遮水壁』と同じ。凍土壁は、政府が汚染水問題解決の『切り札』と期待して、約320億円の国費を投じ、来年3月の完成を目指している。」(Yahoo=産経 6月29日

 “凍土壁と同じ技術、失敗”って、凍土壁も当然失敗するような書き方です。ま、正しいでしょう。
 こんなんだったら↓、核燃料の崩壊熱も相手にしなければなりません。(核燃料、ちりちりバラバラに分散していると崩壊熱もたいしたことないかもしれませんが・・・それはそれで核燃料回収のこと考えたら厄介だけど)

泥沼福島01
(図の解説は→「やっぱり底が抜けていた!! 福島原発」)

 この事態に対し、

 「東電福島第1廃炉推進カンパニーの増田尚宏代表は記者会見で、『ゆっくりとやりながら効果を待つ』と述べ、数カ月程度の時間が必要との見方を示した。」(上掲リンク先・時事通信HP 6月27日

 とのことですが、んな悠長な。汚染水はどんどん海へと流出・放出中です。
 そもそも、凍土壁計画については原子力規制委員会も大きな疑問を提示していたわけで、その時言及された「撤退基準」、しっかりと定めとかないから、グズグズと事態を悪化させるだけの状況が続いてしまいます。
 まったくもう、どうにかしろよ!!


tag :
コメント:
 もうどうにもならないフクシマに、もう直ぐ冬が来る。それも凍らない冬がくる。

フクシマが廃炉出来ない事は経産省が描いたスケジュールでも明らかな事。自分達で認めたの。
320億円は研究費なので政府が出費しても違法ではないそうだ。儲かるのは鹿島だけ。しかもこれも税金。
 フクシマを収束させるには、総額で55兆円かかると計算した学者がいる。下手をするとそれさえも超えてしまいそうな感じ。
 尚、今現在約14兆円使用中。たった3年ちょっとでこの数字。55兆円では済みそうもないな。
[2014/07/03 00:31] | hotaka43 #mWyI0ZzU | [edit]
このコメントは管理者の承認待ちです
[2015/08/09 22:09] | # | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://fkuoka.blog.fc2.com/tb.php/1211-0b902ee0

<< topページへこのページの先頭へ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。