お薦め記事

スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)
tag :

玄海原発・佐賀県の新しい避難計画・・・UPZじゃ全然足りない!!

2014-07-12
 佐賀県の新しい避難計画が出ています → 佐賀県HP 7月8日
 朝日新聞によると、「実効性があるのかどうか、あいまいな点が多い」計画で、特に、要介護者などの行き先が普通の体育館だったりして、いろいろと不安な点が多いということになります → 「佐賀)原発避難計画大丈夫? あいまいな点多く」(朝日新聞HP 7月11日)
 さてどんなもんでしょう? 佐賀県公表資料から、とりあえず地図です↓

佐賀避難計画00
佐賀県記者発表資料

 “福島のSPEEDIシミュレーションから、避難範囲を決めた”、という図です。えっ、なんで佐賀・玄海原発のシミュレーションじゃないの?? 立地自治体として佐賀県はSPEEDI使い放題になっているのに・・・。
 それにしても狭っ!! 1/8方位を「目安に」避難指示を出すそうです。「原発事故時は風向きが変わらない」という信念に基づいて計画立案しているようです。大丈夫かいな。
 どうせ福島の図を見て立案するなら、福島の避難区域図と見比べてみましょう。赤が「警戒区域」、黄色が「計画的避難区域」、緑が「緊急時避難準備区域」です。

福島避難区域00

 この図を、上の玄海原発避難対策地図(下の方)に重ねます。

佐賀避難計画201407

 う、黄色の「計画的避難区域」、みごと1/8方位に収まっている・・・すごい、じゃなくてぇ、計画的避難区域が図の外へとはみ出してます。佐賀県の出した地図じゃ狭過ぎです。ちょっと広げて、

佐賀避難計画201407大

 地図を重ねると、

佐賀避難計画201407大01

 う~ん、佐賀県が考えてる避難対策、狭すぎじゃないか。
 かつて Greenpeace のHPに掲載されていた、玄海原発SPEEDIシミュレーションです↓

佐賀グリーンピース

 これじゃあ風向き次第で佐賀県全域が対策必要になってしまうから、わざわざ阿武隈山地で遮られて被害範囲が遠くへ伸びない福島のSPEEDIを持ってきたな!! しかし、その福島でも避難区域見れば、やっぱり全然足りない、お笑い避難計画でした。


tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://fkuoka.blog.fc2.com/tb.php/1221-7970083c

<< topページへこのページの先頭へ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。