お薦め記事

スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)
tag :

民主党は学習せよ、脱原発で戦った時だけ勝機があることを・・・滋賀県知事選

2014-07-14
 「滋賀知事に三日月氏=自公との対決制す-『卒原発』、嘉田県政継承」(時事通信HP 7月14日)

 滋賀県知事選、“卒原発”を前面に戦った三日月氏、当選しました。もちろん、集団的自衛権の問題やアベノミクスの評価など、現政権に対する全般的な否定的評価が影響したことは間違いありませんが、滋賀県知事選の主要課題は嘉田県政の評価、それも中心は脱原発(「卒原発」)でした。
 さっそく反応が出ています。

 「【滋賀県知事選】反原発派の勢い増せば再稼働険しく 関電に暗雲」(msn産経 7月13日)
 「滋賀県知事選 与党の緊張感欠如も響いた」(読売新聞HP「社説」 7月14日)

 産経の記事は見出し通りストレートに、原発再稼働が難しくなったことを訴えています。読売の記事は、“勝って当然の自公が負けたのは・・・”という頭のおかしな前提から書き起こしていますが、具体的失策として第一に上げられているのは石原環境相の「金目」発言ですし、三日月氏への批判も脱原発に集中しています→「疑問なのは、三日月氏が、嘉田知事と同様、段階的に原子力発電から脱却する『卒原発』を唱えたことだ」(読売新聞社説、上掲リンク先)。
 要するに最大の対立点は脱原発で、この点をしっかり訴えれば民主党でも勝てるし、逆に、この点で汗かかなければ民主党に存在意義などない、ということがはっきりしたのが今回の知事選挙だったということでしょう。
 民主党、生き残りたかったら、電力総連系のメンバー原子力ムラ系の幹事長、“急な脱原発はムリだろう”保守派、こいつらをちゃんと処分して、脱原発できちんと自民と対決する姿勢を整える必要があるというのが、今回の選挙結果の意味するところでしょう。

 「民主党も多くの問題を抱えている。しかし、自民党に対峙し、安倍総理の強権政治を阻止するには、民主党が脱原発と集団的自衛権反対を軸に据えて頑張るしかない」(菅直人officialブログ7月14日「潮目が変わった滋賀県知事選」)

 あいかわらず、菅元首相だけが正論を唱えている状況が続くだけなのか、何か動きがあるのか、ま、民主党については生暖かい眼差しで見守っていくほかないのでしょう・・・。


tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://fkuoka.blog.fc2.com/tb.php/1224-348c5a80

<< topページへこのページの先頭へ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。