お薦め記事

スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)
tag :

躍進続く風力・太陽光発電・・・これが現実のデータ(その2)

2014-08-10
 一週間前くらいのこと、当ブログに、「向こう」の方では風力も太陽光も見捨てられている、というコメントをいただきました。う~ん、“「向こう」って、佐賀県の限界集落のこと??”とか、福岡的には思ってしまうわけですが、どこなんでしょう??
 既にコメントに対するコメントをいただいていますように、よく“不安定” と言われる自然エネルギーですが、送配電網で一定の広さに渡る集合的マネージメントをすれば、安定した、しかも安い電源となります。

 「再生可能エネルギー、日本の常識は世界の『真逆』/ドイツや米国の太陽光や風力が安い理由」(日経ビジネス 7月31日)
 「太陽光・風力発電はダメという洗脳工作に必死、伊藤敏憲」(当ブログ過去記事 2012年2月10日)

 ある程度の広さ(「九州」とか、「東日本」といった程度の広さがあれば十分・・・スペイン程度に相当・・・で、さらにこれらの地域間で連携すれば、EUで多国間連携するのに匹敵)をまとめて運営すれば、その全体で一斉に曇ったり、風が止まったりはしません。平準化されて安定した発電状況となります。
 またコスト的には、燃料費はもともとタダですし、設備費も、“競争的市場ができれば(欧米では既に出来ている)、十分に安価になる”と、上掲『日経ビジネス』記事は指摘しています。
 ま、要するに日本では、接続拒否したり、広域連携網の構築を怠ったりという、原発依存電力会社と経産官僚の嫌がらせがあり、そこへ業界内部の談合体質も加わり、再生可能エネルギーが力を発揮できない状況になっているわけです。
 こんな日本を超えて、世界的視点で見ればどうなるかというと、先日紹介した、Mycle Schneider、Antony Froggatt 編著 “The World Nuclear Industry Status Report 2014”(『世界原子力産業現状レポート2014』)からです↓。

風力・太陽光・原発p76
(76ページ)

 グラフは世界で、エネルギー別に発電容量が2000年と比較してどれだけ増えたか(減ったか)です。青の風力、緑の太陽光、発電容量ぐんぐん上昇中です。これに対し赤の原子力、日本での停止が響いて、ガックリと低下です。
 で、こういうこと書くと、“自然エネルギーは、発電容量(≒最大発電能力)は大きくても、実際は「風吹かなかった」、「太陽かげっちゃった」で、大した発電はできないのだ”というのが、原発推進派の言うセリフということになっていますので、発電実績です↓

風力・太陽光・原発p77
(77ページ)

 今度は1997年をゼロ年として、そこからどれだけ発電量が増えたかです。やはり、青の風力のみならず、緑の太陽光にも負けていますね、赤の原子力。

 ということで、世界では風力、太陽光の利用が一気に進展中です。
 こんな有利な発電方法を「見捨てる」だなんて、なんてバカなんでしょう、佐賀県限界集落。(えっ??、「その村の名を原子力ムラと言い、また、原子力ムラが牛耳る国の名を『日本』と言う」って・・・)


tag :
コメント:
自然エネルギーに加え大容量で安価なバッテリー研究する方が
原発推進よりも遥かに低コストでしかも発電量も多い
[2014/08/14 04:01] | 考え中さん #- | [edit]
>考え中さん


バッテリー研究いいですね。GSユアサが少し前にいろいろと777関連でメディアで取りざされましたが、(研究妨害の為に仕組まれたんでしょうか?)個人的には新しい技術に失敗はつき物で、改善の余地はあり、後は研究のスピード+予算次第ではないかと。。。


いずれにせよああいう類のものを研究していただきたいですね。


佐賀の限界集落のお話、胸が痛みます。日本には山があり、川の流れを使用した水力発電なんかも可能かと思います。それを同じ九州内でバッテリーに蓄電し、佐賀のほうへ配送が可能になればいいな、と。

以下の日本原子力発電株式会社の組織図サイトを見ているかぎり、原発の事故発生時にこのように肥大化した組織内でどのように連携がとれるのか、は皆さんメディアでご存知かと思いますので、割愛させていただきます。
http://www.japc.co.jp/company/pdf/soshiki140630.pdf

こんなんじゃ、無理でしょ?お金もかかるはずですし、誰が悪いか?といわれても私もわかりません。


ちなみに九州の知り合いからは、東京にいるお前らが電気を使用しとるとだから、東京に原子力発電所を建設し、核ごみを捨てるべきだ。と2、3年前にいわれたこともあります。
なんだか、つらいご時勢ですね。。。それ以来、九州に遊びに行けておりません。




[2014/08/17 11:36] | 日本の若者よ、メディアに振り回されるな! #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://fkuoka.blog.fc2.com/tb.php/1251-692e6cf9

<< topページへこのページの先頭へ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。