お薦め記事

スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)
tag :

いやはや、なんとも・・・

2011-12-18
 「よく起きている冷却水漏れ」から、「最大規模の冷却水漏れ」へと表現変更した玄海原発3号機の冷却水漏れ事故、結局、「ポンプの主軸が折れていた」という表現に落ち着いたそうです。いやはや、九州電力の表現というのは、どうも深遠で、私ら凡人にはその真意を測りかねるものがあります。

111217朝日新聞ポンプ破断

 そして・・・
111217朝日新聞ポンプ川内

 鹿児島県川内原発の方では、非常用ポンプを耐震性のないプレハプ建造物で保管しているそうです。いやはや、九州電力の安全意識というのは、どうも深遠で、私ら凡人にはその真意を測りかねるものがあります。

 一方、その九電とつるんでいる西日本新聞社、原発関連の記載のある本の出版が社長決済で差し止められた理由として、「確認の必要な数字、データもあり、作業は膨大。著者、編集者双方にとって負担が大きかった」と述べたそうです。

111217朝日新聞西日本新聞続報


 西日本新聞社では、出版最終段階になってから、こういう細かい作業を開始するようになっており、しかもその手間を考えるのは社長の仕事のようです。いやはや、西日本新聞社の作業手順というのは、どうも深遠で、私ら凡人にはその真意を測りかねるものがあります。


(記事はすべて12月17日付け朝日新聞朝刊福岡版から)

tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://fkuoka.blog.fc2.com/tb.php/143-eae25d5d

<< topページへこのページの先頭へ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。