お薦め記事

スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)
tag :

冴えない年明け

2012-01-01
 世間的に、やはり「明けましておめでとうございます」で始めなければならないのかとも思いますが、とてもそんな気分になれない年明けです。

「原発監視システムで不具合 保安院『年末で気ゆるみ』」

 内容的には「緊急時対策支援システム」にトラブルがあり、各地の保安検査官事務所や霞が関で、各地原発の情報が見られなくなっていたのに、24時間以上、気づいていなかったというもの。「担当者は『年末で気のゆるみがあった』と謝罪している」そうです。何もなかったから良かったようなものの、何か事故があったらどうなっていたのでしょう。
 それにしても・・・当ブログでは昨日、“原発作業員のポカ”に言及したばかり。その途端これとは・・・当ブログ、なんか冴えてるんじゃないでしょうか。29日には、NHK番組が、せっかくICRP基準の問題に言及しながら、それを日本の新基準と結び付けて解説できていないことを批判したとたん、翌日に、無邪気にこの基準を信用しきった記事が出てきてましたし。なんか、言及することが次々と現実の悪夢となって現われてきます。まあ、PPA(放射性ヨウ素防護地域)が切り捨てられたことは、情報を見ていけば当然の帰結として出てくることなので、特に冴えているわけではありませんが。
 っっと、いうことは・・・。このブログ、次の原発大事故について、ずいぶん言及した気がします。まさか現実の悪夢となって現れないでしょうね。特に玄海原発1号機、あれが破裂してしまうと、福岡、すぐ壊滅状態になってしまう・・・。
 いやはや、このブログが冴えるなんて、心底、冴えない年明けです。


 元旦の朝日新聞のトップは「原子力業界が安全委24人に寄付 計8500万円」、もうなんとコメントしたものやら・・・


tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://fkuoka.blog.fc2.com/tb.php/167-455e559c

<< topページへこのページの先頭へ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。