お薦め記事

スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)
tag :

経産省は気づいたか?

2012-02-01
 朝日新聞、本日の記事です。

風力発電網に公的支援 山からの中継線整備 経産省方針

 風力発電のキモは送電網だと、当ブログでは主張してきました。そもそも、“原子力発電に取って代わりそうなエネルギー源は安楽死に至らせる”という電力会社のポリシーのもと、風力発電の電力網への接続には厳しい制限がかけられてきました。しかし、そんなことを言っていられる状況ではない、ということに、やっと経産省(たぶんごく一部)も気づいたのでしょうか?
 もしも“原子力発電以後”を考えなければならないとしたら、風力に関わる送電網(の利権)を握ることは、経産省にとって極めて重大な課題になるはずです。そろそろ目端のきく者が動き出しても良い頃です。というか遅い!!
 まあ何にしても、現状で他の発電方式と太刀打ちのできる最安値再生可能エネルギー、風力の利用は現在緊急の課題ですから、頑張ってもらいましょう。


(今回は風レンズ風車ではなくて、普通の風力発電所のクリップへのリンクです)

tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://fkuoka.blog.fc2.com/tb.php/204-9621b450

<< topページへこのページの先頭へ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。