FC2ブログ
お薦め記事

東海第二原発の“地元”

2012-02-08
東海第2原発:協定見直し、県に要求へ 『所在地域』発言権拡大を 東海村と5市の首長懇初会合 /茨城」(毎日新聞HP)

 昨日も触れましたが、“地元(自分)への見返り”欲しさに、まわりの迷惑顧みず、原発誘致・推進に熱中する“地元”、そんなのがどこにもはびこっていますが、東海第二原子力発電所が立地する茨城県では、まわりが怒って声を上げました。日立、ひたちなか、那珂、常陸太田、水戸の5市と、東海第二原発が立地する東海村の村長が協議する場の設定です。
 「懇談会の構成全自治体が東海第2原発の再稼働など重要事項に等しく発言できるよう、原子力安全協定の見直しを県に求める」のだそうです。
 当然の話しといえば当然の話しなのですが、政治家たちが集まって何やらごそごそしているとあやしい気もします。この協議会が、“こっちにも分前(わけまえ)よこせ”的な展開をしないよう、監視をしておく必要があるでしょう。


tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://fkuoka.blog.fc2.com/tb.php/210-5c9f61bb

<< topページへこのページの先頭へ >>