FC2ブログ
お薦め記事

アコギな商売: 東京電力

2012-02-10
 民間発電業者が東京電力に支払う送電線使用料には、原発関連経費が上乗せされている・・・その額、なんと最大28%!!
 テレビ朝日によると、東京都の猪瀬直樹副知事が資源エネルギー庁に申し入れをしました。発電業者が支払う送電線使用料には、本来原子力発電をしていない業者が支払う必要のない、「核のゴミの最終処理費など原発関連経費が含まれている」ので、最大28%安くすべきだと。
 民間発電業者は送電にあたって、消費税10%なんてもんじゃない上納金を取られているわけです。しかし、それでも東電よりも安く電気を売っているわけですから、どれだけ東電、高い電気を売っているのか。

 経産省からも経費圧縮が要求されていました(朝日新聞・西部本社版2月4日朝刊)。
東電給与

 自治体等への寄付金、「オール電化」の広告費といった“ムダ”な支出に加え、「電力会社の平均年収677万円に対し、従業員1千人以上の企業は543万円」と、2割も高額な給与水準が批判されていました
 市場独占をいいことに暴利をむさぼり、高給を取る、それが電力会社の実態ということになります。

 そして電気料金を引き上げる口実が、「金のかかる原発」とそこから電気料金を算定する「総括原価方式」なのですが、何を考えているのか経済団体、「『原発再稼働が必要』経団連、提言第2弾」(読売新聞HP、2011年11月11日)、「関西経済5団体、原発再稼働など要望 官房副長官に提出」(朝日新聞HP、2011年7月21日)、自分たちでバカ高い電気を求めてどうする。

 地域独占廃止、発送電分離、それが必要です。


tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://fkuoka.blog.fc2.com/tb.php/215-634bed06

<< topページへこのページの先頭へ >>