お薦め記事

スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)
tag :

班目委員長が変だ!? 正論を言っている!!

2012-02-21
 原子力安全委員会の班目委員長が変だ、正論を言っている・・・。ストレステストによる一次評価では安全性の評価には不十分で、福島原発事故の調査結果を踏まえた二次評価が必要と語ったという。(毎日新聞HP、共同通信HP、TBS
 まあ、“原発再稼働を判断するのは政府であって原子力安全委員会ではない”とも語っているわけで、単なる責任逃れでもあるのだが・・・。

 これを受けての藤村官房長官の記者会見、苦りきった表情が傑作でした(NHK--あれ、映像が上がってないや)。“再稼働は政府の責任で”と、強調していましたが、原子力安全委員会が安全審査の責任を放棄してしまっては、そう強調せざるを得なかったという展開。安全も確認されていないのに再稼働なら、何かが起きればすべては政府の、いや、行政機構的には原子力安全委員会の安全証明書なしに原発を動かすのは問題があると思われますので、すべては実際に判断をした政治家の責任ということになります。

 「原子力安全委員会の安全審査指針に瑕疵(かし)があったことははっきりと認めざるを得ない。・・・略・・・原子力安全委員会を代表しておわびする。」(読売新聞HP)
 と、班目委員長が国会の福島原発事故調査委員会で語ったのは2月15日のこと。もうこれ以上、泥を被らされるのはいやになってしまったか。単に責任問題だけではなく、「事態を理解していなかった、いやできなかったんだろ」に始まって、アホだバカだ、無能だと、さんざんに言われてましたから。

 さてこの状況下、それでも夏前の原発再稼働へ突き進むのか、野田ドジョウ?

 そう言えば、民主党はまた何やら船頭多くして船を山に登らせる工作を行なっているようです。

 「鳩山氏は外交、菅氏はエネルギー 首相経験者らに担当制」(朝日新聞HP)

 「野田政権の求心力を高める」ために、党内有力者を総動員するのが狙いとのことですが、ここで菅前首相が実際に影響力を持つことになると、いよいよ原発、もっと動かなくなりそうで大いに結構です。頑張ってください、菅前首相!!

tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://fkuoka.blog.fc2.com/tb.php/232-3c742c2c

<< topページへこのページの先頭へ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。