FC2ブログ
お薦め記事

スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)
tag :

お笑い!!(じゃ済まない)九州電力、電線大爆発!!

2012-04-03
 佐賀県民の命を危険に曝す地域防災計画と同じく、福岡県の人々を却って危険に曝すことにならないか、極めて不十分な内容の原子力安全協定、福岡県・福岡市・糸島市と九州電力の間で結ばれました。といったところで、これはお笑いを一席やるしかないか。

 時は2009年12月25日のこと、草木も眠る丑三つ時、かどうかはともかく深夜、北九州市八幡東区の住宅街、いきなり起きる大爆発の響き、ドッカーン。

 「送電線異常 道路に大穴 八幡東区 住宅地 地中に埋設、爆発か」(47ニュースHP)

 不発弾でもなく、テロリストでもない。ガスタンクやガソリンタンク、ボイラーの類が爆発したのでもない。北九州市では、電線が爆発するんですねぇ。九州電力はなにか超能力でも持っているのか?? 
 そして時は流れて2011年7月16日、

 「北九州市内で10万戸停電 エレベーター閉じ込めも」(朝日新聞HP)

 停電、10万戸。これは上記爆発箇所の、修理したはずの送電線の問題であったことが判明。

 「北九州市停電は送電線ショートが原因」(創伸接骨院さんブログ)

 おもしろいのはこの記事の末尾、「てっきり/やらせメールの反発で/ブレーカ落とされたと思った。」
 で、送電線、これで終わらないのが九州電力。時は更に流れて2011年12月4日、場所は福岡県粕屋町。

 「マンホール爆発・道路が陥没した福岡県粕屋町の地下電線火災

 リンク先を見ていただけると、結構な爆発の様子がわかると思います。またやった、送電線爆発。さすが九州電力。
 で、やっと今ごろ、前出の北九州市停電の理由、正式な原因説明がありました、

 「北九州10万戸停電:ケーブル製造段階で傷 九電が原因発表」(毎日新聞2012年3月31日西部版朝刊)

 「地中送電ケーブルの製造段階で、メーカー側が誤ってケーブル外側のビニールを傷つけていたことが原因とみられる・・・略・・・出荷前のX線検査で、ビニールに目印の針金を巻く際、誤って傷がついた」とのこと。ふむ、で、それでどうやれば電線を爆発させられるのか? ま、中国でも電線は爆発するようなので、特に不思議はないのかもしれないですが・・・。
 同日報道されたこと(プレスリリースは前日の30日)

 「玄海原発、新年度に燃料154体を搬入 九州電力」(佐賀新聞HP 2012年3月31日)
 「平成24年度の新燃料等の輸送予定について」(九州電力プレスリリース 2012年3月30日)

 既存の電線はいつどこで爆発するかわからず、検査済みの新規の電線はいつどこで10万戸規模でショートするかわからないのが九電・・・。
 お願いだ、九州電力!! 原発に送電線つなぐのだけはやめてくれ~。


tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://fkuoka.blog.fc2.com/tb.php/283-62bb2873

<< topページへこのページの先頭へ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。