FC2ブログ
お薦め記事

「即席基準」で大飯原発再稼働を目指す人々

2012-04-07
 いったい何をやっているのか民主党政権。わずか2日で安全基準ができてしまう。そして、出来る前から大飯原発がその安全基準に適合しているのがわかっている。こんな茶番で原発再稼働とは、よくよく舐められたものです、国民。

即席基準
(朝日新聞4月6日西部本社版朝刊)

 おおい町はもともと原発で食っている人しかいないから、当然、原発再稼働受け入れるだろうし、福井県(特に県知事のような政治家)も原発のおこぼれで食っているから、「安全基準を作った」という形式だけ整えば反対はしない、滋賀や京都や大阪などの周りは全て無視すればよい、同意を取らなければならない法的義務はないから、という計算でしょう。
 それにしても、その安全基準たるや、廃止決定された原子力安全・保安院で作成されたもの。さらに、その安全基準においてさえ、30項目のうち、現在満たされているのは14項目のみ。後は「努力します」。

 こんな無茶苦茶、押し通そうとしている本人たちもきちんと説明できない。枝野経産相など、もはや言っていることが支離滅裂。

 「枝野経産相『大飯原発再稼働、現時点では反対』」(朝日新聞HP 4月2日)
 それが数日でひっくり返る・・・「保安院と原子力安全委の説明を全て精査できていなかった。安全だと確認できていない以上、反対だと申し上げた」(ロイターHP)。
 
 しかし、4月1日までは勉強不足だったというならば、既に3.11事故から1年以上経っているのに、何やっていたのかという問題でしょう。あるいは、ここ数日で急に新しい判断材料が発生したという話は聞きませんが、何かあったのならば、それを国民に示して説明する義務があるでしょう。そうでなくとも、枝野大臣が大きく意見を変えるほどの「説明」が存在しているのなら、きちんと国民に提示すべきです。国民だって納得するかもしれません。

 まあ、誰が見たって大まぬけな田舎芝居“4大臣で徹底検討”、を繰り広げる厚顔無恥5人組、野田佳彦、枝野幸男、細野豪志、藤村修、仙谷由人、そして民主党、次の選挙では必ず報いを受けるでしょう。


tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://fkuoka.blog.fc2.com/tb.php/290-494ae968

<< topページへこのページの先頭へ >>