FC2ブログ
お薦め記事

これはもう暴力だ!! 東京電力の値上げ

2012-05-23
 「東京電力は、原発が今後、再稼働しない場合、家庭用の電気料金の値上げ率が約16%に高まるという試算を公表しました。/・・・略・・・家庭用料金の値上げ率は現在申請している10.28%から15.87%に、企業向けも16.39%から24.79%にそれぞれ大幅に引き上げざるを得ないとしています。」(テレビ朝日HP 5月23日)

 ところで、次のようなニュースもあります。

東電値上げ
(朝日新聞5月23日西部本社版朝刊)

 東京電力は、電力販売量の38%しか占めていない家庭用電力から、利益の91%を稼ぎだしています。逆に言えば、電力販売量の62%を占める企業向けからは利益の僅か9%を稼ぎ出すのみです。企業にはほとんど原価で電力を提供する一方、家庭用は大幅な価格吊り上げを行ない、そこからほとんどの利益を得ていることになります。経団連の米倉会長、東電の値上げに理解を示すわけです

 電力自由化がなされている企業向け電気料金を利益度外視の低額に設定することによって、競争相手を追い出し、他方、独占状態が約束されている家庭用電力から利益を得る、経営を行なっていることになります。極めてアンフェアな市場となっています。値上げをどうこう言うより、まずこの不公正な市場を是正する必要があります。原発動かす動かさないに関わらず、家庭用電力においても自由競争を実現すれば、電気料金は東電の試算などより遥かに安くなるはずです。まずここを是正せずに電気料金についてとやかく言うのはやめてもらえないかな。



PS. こんな電力供給体制が「世界一」なのだそうです。何考えているんだ、仙谷。

仙谷-世界一
(朝日新聞5月23日西部本社版朝刊)


tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://fkuoka.blog.fc2.com/tb.php/351-2e7444d1

[2012/05/23 23:23]
<< topページへこのページの先頭へ >>