お薦め記事

スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)
tag :

関西広域連合、再稼働“容認”の顛末

2012-05-31
 関西広域連合の「再稼働については、政府の暫定的な安全判断であることを前提に、限定的なものとして適切な判断をされるよう強く求める」(読売新聞HP)という、意味不明な声明が出された背景について、朝日新聞は次のように報道しています。

関西再稼働容認
(朝日新聞5月31日西部本社版朝刊)

 関西広域連合長の井戸敏三兵庫県知事、関西広域連合が政府の安全基準を容認する声明を出すように工作、しかしうまく行かない場面で、細野原発大臣づきの斎藤勁官房副長官が援護、その晩に関係閣僚会議が開かれるという情報を井戸知事に耳打ち、この情報を背景に“再稼働が決まる前に何か言っとかなくていいのか”と迫り、井戸知事が都合よく声明を取りまとめた・・・という経緯の模様。落とし所は、橋下大阪市長の“期限付き再稼働なら容認”という主張と反しない線、といったところ。
 手玉に取られました、山田啓二・京都府知事、嘉田由紀子・滋賀県知事。野田内閣と橋下大阪市長の政治ゲームの谷間に沈没です。原発再稼働という“実”を取った民主党野田、自らの主張は通したというポーズは取れる“名”を取った橋下(ホントに電気不足になったら困るが政治的宣伝・攻撃材料は欲しかった)、両者勝利です。

 で、困るのは滋賀・京都その他近隣の住民です。福島原発事故の検証も済んでいない、ストレステストも国際基準で言えば半分しかやっていない、有効な避難計画は出来ていない、原子力規制庁も出来ていない、これで再稼働とは、車検も済んでいない、シートベルトも付いていない、エアバックも付いていない、窓ガラスも付いていない、ハンドルも付いていない、ハンドブレーキもフットブレーキも付いていない自動車に乗れと言われているのと同じです。

再稼動大飯京都大津奈良
(もし大飯原発で福島級の事故が起きたら、その2)

再稼動大飯名古屋
(もし大飯原発で福島級の事故が起きたら、その3)


tag :
コメント:
日本人に必要なことは事実を知りながら、知らないふりや嘘をつくこと。
一般人の詳しい人は、守秘義務が無いですが事実を言いません。
一番馬鹿は言われたままに信じてる人です。
[2012/05/31 16:34] | ふい #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://fkuoka.blog.fc2.com/tb.php/367-7d3c2b6d

[2012/05/31 14:33]
<< topページへこのページの先頭へ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。