お薦め記事

スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)
tag :

国会事故調のことなど

2012-06-12
 民主党が作った福島原発事故「政府」事故調査委員会に対抗して、自民党が中心となって作った「国会」事故調査委員会(国会事故調)、菅前首相を批判する調子が強くなるのは当然ではありますが、「菅直人首相らの介入も、混乱の原因だと批判」(朝日新聞HP)というのは、いかさま無茶でしょう。

うつむくだけ
(西日本新聞6月12日朝刊)

 「(福島1号機の建屋が吹き飛び白煙が上がっているテレビ画面を見て) 『爆発しないって言ったじゃないですか』。菅の言葉に、3人掛けソファに座っていた班目は『あー』と前のめりに頭を抱えた。そのまま動かない。・・・略・・・《批判されてもうつむいて固まって黙り込むだけ 解決策や再発防止姿勢を全く示さない技術者、科学者、経営者》(下村のノートより)」
 何度も語られているシーンですが、途方に暮れていられる技術者・科学者・経営者は気楽なものです。最終責任者となる菅前首相は、なんとかしなければならなかったのです。まあ、勇み足や不手際がなかったわけではないでしょうが、専門家たちのこの体たらくでは、菅前首相が頭から湯気出し、怒鳴り散らして暴走しなければ、何も事態が進展しなかったでしょう。
 菅前首相がひとこと反論したくなるのも当然でしょう。

 「官邸が中心になって事故収拾に直接関与したのは異例と言えるだろう。/しかし、異例ではあるが、今回のような、東電も保安院も想定していなかったシビアアクシデント(過酷事故)が起きた状況においては、官邸として、そうせざるを得なかったのが現実であった。その事が、国会事故調に理解されていないとしたら残念である。」(菅直人公式ブログ)

 一方これに対し、東電の言い草はこんなです↓

 「東電、事故時の官邸介入を批判 『無用な混乱を助長』」(47ニュースHP 6月12日)

 ふざけた話です。官邸に詰めていた武黒一郎・東電フェロー、何してたんだ!?

 それにしても、もっと責任のあったこいつら ↓ 自分の為すべきことが何だか考える知能もなかったようです。
たじろぐ班目
(西日本新聞6月12日朝刊)

 「(細野豪志・当時首相補佐官が東電に詰める一方) 3月11日を最後に官邸を離れた当時の保安院トップ、寺坂信昭は経産省にいた。・・・略・・・以後、官邸に連絡したのは『数回程度』(寺坂)」って、なんにも仕事してないじゃないか。しかも・・・
 「トップだけではない。原発内に詰めて状況を報告するはずの保安検査官8人全員が、12日未明までに保安院課長の了承のみで現場を離れていた」
 って、結局、原子力安全・保安院の政府要員、指令所も現場も完全に業務・責任放棄です。

 これじゃ菅・枝野・海江田のうちの誰かが現場へ行って状況確認・陣頭指揮する必要があったでしょう。子供の使いになりかねない海江田、地震対応・政府内調整作業・マスコミ対応で手一杯の枝野を除外すれば、菅前首相自らが行くという決断は、とてもよく理解できます。
 と、いうか、今、大飯原発再稼働なんてして、何かあったらどうするんだ? 原子力安全・保安院改革なんてやっと法案通そおっていう段階だし、原子力安全委員会はもう機能停止してるし(福島の時も「あー」と言って瞬時機能停止だったけど)、首相も原子力ムラの用意した原稿読むだけの低能だし・・・。


tag :
コメント:
鋭い記事です。本来いるはずの政府側(保安院)の人員が原発から逃げたこと、中央メディアは触れたがりませんね。官邸が「介入せざるをえなかった」理由を補強することになるからでしょうけれども。

国会事故調の主メンバーは安倍政権時のブレーンを務めていた方々(黒川、野村)ですし、国会事故調の設置を強く主張したのが安倍内閣の官房長官、塩崎恭久氏です。

そして国会事故調の報告書は、東電の内部調査報告書に沿った内容になる公算が高いと訊きますが…どうなることやら
[2012/06/26 03:06] | houtei #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://fkuoka.blog.fc2.com/tb.php/381-3abb0f88

  • まとめtyaiました【国会事故調のことなど】[まとめwoネタ速neo]
     民主党が作った福島原発事故「政府」事故調査委員会に対抗して、自民党が中心となって作った「国会」事故調査委員会(国会事故調)、菅前首相を批判する調子が強くなるのは当然で...
[2012/06/12 19:42]
<< topページへこのページの先頭へ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。