FC2ブログ
お薦め記事

高速増殖炉もんじゅのコスト!?

2012-06-26
 本日は衆院で消費増税法案採決が行なわれる予定ですので、その結果によっては野田内閣「終了」、その結果、これまでの原子力政策議論も「終了、やり直し」となる可能性があるわけで、本日原発論議を行なっても意味があるのかという気もします。しかしまあ、とりあえず、これだけは憶えておかなければ、ということもあります。

もんじゅコスト6月25日
(西日本新聞6月25日朝刊)

 高速増殖炉・原型炉もんじゅ、これまで(2010年度まで)にかかった費用、1兆810億円とのことです。そしてこれに、今後再稼働して10年間使った場合の経費ならびに廃炉費用を加えると、総事業費試算、1兆4000億円、となるとのことです。
 この記事ではこれまでにかかった金額を、もんじゅこれまでの発電量で割り、発電コストを「原発の1000倍」の10,000円/KWhと計算しています。まあ、もともと実験ですから、コストはこの際関係ないだろと考える向きもあるかと思いますが、もんじゅは単純な「実験炉」ではなく(実験炉は「常陽」)、実用化された場合の原型となる「原型炉」ですから、その次の段階とされる「実証炉」ほどではありませんが、それなりにコストも理解可能な範囲でないと困ります。もともと予定されていた建設費は3220億円ですから、既にその3倍の予算を使っていて、コレです。
 さてしかし一番問題なのは、単にカネがかかり過ぎているということではありません。これだけ金をかけても、まだ高速増殖炉実用化のめどが立たないということです。多少(?)カネがかかり過ぎでも、「とりあえず動く」という所まで行けば、コストダウンの取り組みようもあるでしょう。しかし、全くそんな段階にないという、あまりに立派なゴクツブシっぷりです。

 もともとこの高速増殖炉は一次冷却材に金属ナトリウムを使う、極めて危険な原子炉です。事故った場合、水を掛けることができません。福島原発事故を思い返してみれば分かる通り、最後は水を掛けるしか、対処法はないのです。採算取れる取れない以前に、作っちゃいけない原子炉なのですが、その上採算も取れる見込みがない。もんじゅ廃炉問題を検討するのが野田内閣になるのかどうか分かりませんが、とにかく早々に廃炉にしなければいけません。


【18:15追記】 今、首相記者会見やってますが・・・う~ん、小沢グループ造反もイマイチな感じで、野田内閣過半数割れに追い込むにはちょっと足りない感じ。あいかわらずグダグダ政治闘争が続くのかな? さて菅前首相は建前だけでも野田内閣に「長期的には脱原発」と言わせ続けることができるのか??


tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://fkuoka.blog.fc2.com/tb.php/396-be10ece0

  • まとめtyaiました【高速増殖炉もんじゅのコスト!?】[まとめwoネタ速neo]
     本日は衆院で消費増税法案採決が行なわれる予定ですので、その結果によっては野田内閣「終了」、その結果、これまでの原子力政策議論も「終了、やり直し」となる可能性があるわけ...
[2012/06/26 15:59]
<< topページへこのページの先頭へ >>