お薦め記事

スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)
tag :

「政府事故調の致命的欠陥」

2012-07-24
 以前、国会事故調の報告書に関連して、政府事故調の報告書もほとんど期待できないと書きましたが、やはり政府事故調最終報告書、読むべき内容に乏しいような・・・。何より、技術的欠陥の検討が結局出来ていない。“福島第2原発の対応と比較してみれば、もうちょっとましなやり方があったんじゃないの”という指摘はちょっと「おっ」と思わせるものでしたが、これって、政府権限で調査しないとわからないことかなぁ、と考えると、それほど核心的な指摘とも思えないわけです。まあ、放射能激しくて現場に入れないから本気の真相究明はムリ、と言われてしまえばそれまでなんですけど。
 というところで、これって西日本新聞ローカルかな、という気のする新聞記事、挙げておきます。

政府事故調
(西日本新聞7月24日朝刊)

 「事故後の不適切な対応については、政治家、民間会社役員、省庁幹部などは実名で明記した。・・・略・・・ただ、中堅以下の関係者の名前と部署は伏せており、因果関係がぼやけた印象になり心残りだ。」
 上でリンク張った記事に書いたように、この事故調は、個人責任の追求を本気でやればできる陣容だったはずなのですが、それを“伏せ”ちゃったわけですね。かくして“安全神話”や“文化”に責任を取らせる無責任体制が固められていくわけです。なんてところだ日本というところは。

 意外だったのが、政府事故調の委員である吉岡・九大副学長が、ライバルの国会事故調を持ち上げている点です。
 「特に放射線防護の観点では、日本の放射線医療の専門家は『相当に浴びても大丈夫』というのが多数派で、政府事故調もその立場に傾斜しているが、国会事故調はそうではない。そこに歴然とした差があることは見逃さないでほしい。この部分は、政府事故調の致命的欠陥になる可能性もあると思っている。
 う~ん、「可能性もあると思っている」というのは、“政府事故調の委員という立場があるからズバリそうは言えないが、実際はそう思っている”ということですね。官邸前デモに参加しちゃう鳩山元首相じゃないですが、身内からの痛烈な批判です。
 政府事故調の報告書は、放射線を相当に浴びても大丈夫という視点で書かれている点に致命的な欠陥を抱えたものである、と銘記しておきましょう。


tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://fkuoka.blog.fc2.com/tb.php/435-85d5b38c

<< topページへこのページの先頭へ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。