お薦め記事

スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)
tag :

上関町長選の結果が出ました: “過疎地のエゴ”

2011-09-26
 上関町長選挙、原発推進派が3選を果たしました。1868票 対 905票と、ダブルスコア以上の開きです。
 上関町にはもう原発関連住民しかいないんじゃないか、と思ってしまいます。脱原発論議では、“都市が過疎地に原発を押し付けている”という論調が繰り返し語られますが、なんかこの結果を見ていると、この1868人のために、周りの百万人以上の人間が危険に曝されるわけで、思わず、過疎地のエゴじゃないか、と思ってしまいます。まあ、原発利権を求めて過疎地に押しかけた連中のエゴかもしれませんが。
 そもそも“都市”といっても、電力会社や官僚が儲かるだけで、実際のところ原子力発電されたら、多くの都市住民は損をするだけです。
 ともかく、“町”なんていう狭い行政区域だけ取り上げて「地元」っていうの、ホントにやめてもらえないかな、と思います。
 で、まだ建設されていませんけど、もしも上関原発が福島級事故を起こしたら、という、いつもの、想定ハザードマップです。今回は3枚です。
 まずは100万都市、北九州市に放射能汚染地域が広がった場合。

上関-北九州

 次は周防灘、大分市方向に放射性物質汚染が広がった場合。「関サバ」「関アジ」も「城下カレイ」も食べられなくなります。

上関-大分

 最後は対岸、松山市、そして中国地方内陸部方向に核汚染が広がった場合。

上関-松山・広島

[地図についてのお断り]
・福島原発事故の「放射能の広がり」は、http://kipuka.blog70.fc2.com/からダウンロードさせていただきました(四訂版・電子国土版: リンク先はhttp://gunma.zamurai.jp/pub/2011/0911dkokudo06.jpgでした)。「放射能の広がり」に関する凡例もその図からのコピペです。早川由紀夫先生、ならびに協力者の皆様、貴重な図の作成、ありがとうございます。
・中国・九州・四国地方の地図はKenmapによって作成させていただきました(http://www5b.biglobe.ne.jp/t-kamada/CBuilder/kenmap.htm)。T. Kamada様、ありがとうございます。
・具体的作業は、Kenmapで中国・九州・四国地方の地図を作成するとともに、上関原発(計画中)の位置(今回は地図からピックアップしました、北緯33度47分34秒、東経132度1分58秒)を中心とする距離円(20, 50, 100, 200km)も作成。これに、早川先生の放射能汚染マップをフォトレタッチソフトで、距離円が重なるようにサイズ調整し、角度を変え、重ねました。これだけの操作ですので、数ドットの誤差はご容赦のほどを。もともと距離円はそれほど正確なものではありません。本図はあくまでめやすとしてご覧ください。
・以上のように、簡単な作業を行っただけですので、ブログで使いたい等、非営利目的の場合、私の方で著作権がどうのと主張する予定はございません。つまり、上の図はご自由にお使いください。ただし目分量で距離円を重ねるといういい加減な作図であるということは頭においてご利用ください。また、福島放射能汚染地図を作成なされた早川先生のクレジットを入れる等のご配慮もお願い申し上げます。なお、営利目的の場合は、簡単な作業ですので、私の図よりも、ご自身で図の作成を行われたほうが、よりきれいで正確な図が簡単に作成できると思います。

コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://fkuoka.blog.fc2.com/tb.php/44-09379e98

<< topページへこのページの先頭へ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。