お薦め記事

スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)
tag :

富を産まない原子力発電

2012-08-25
 政府が、原子力政策に関する意見公募をした際に提示した試算、見直してみればまだまだ興味深い点があります。以前、2030年の原発依存率0%と15%を比較して、原発ゼロシナリオが日本経済になんら打撃を与えない(というか影響なし)ということを論じました。この際、15%を取り上げたのは、これが実質的に現状維持案であったからです。新規原発の建設はそう簡単に進むはずもなく、一方、老朽化原発は閉鎖せざるをえないでしょうから、2030年時点で15%を保つのは、実はそれ自体大変なことです。
 ところで、残る20~25%案、この案について示されたGDPの数値も、かなり含蓄深いものです。

  2030年原発依存率 15%   GDP 579兆~634兆円
  2030年原発依存率20~25%  GDP 581兆~634兆円


 あれ! GDP予測の低い方の試算額でGDPに2兆円の差がついてはいるが、高めに見積もった方では差なし。これちょっとまずいでしょう。だって“夢の発電方式”、原子力を5~10ポイント余計に使っても、日本経済への影響は微々たるもの、もしくは、なし。これじゃ話しになりません。だって何のために事故るかもしれない危険を犯すのでしょう?
 それにこの数字、事故リスクの話をちょっと横に置いて見てみれば、要するに、原子力発電は富を産まない、ということが試算で示されていることになります。原子力発電依存度が違ったって、ほとんどGDPは変わらないのですから。
 「3月の風景」と、当ブログではかつて表現しました。原発は、総括原価方式で人々から徴収したいわば“税金”を、ひたすら派手に消費するだけの公共工事のようなものです。そして後には国債残高ではなく、(総括原価方式で過剰に領収された電気料金による)家計の赤字と、手に負えない放射性廃棄物を積み上げていくシロモノです。早くやめないととんでもないことになります。


tag :
コメント:
このコメントは管理者の承認待ちです
[2012/08/26 10:20] | # | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://fkuoka.blog.fc2.com/tb.php/460-9413913c

<< topページへこのページの先頭へ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。