お薦め記事

スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)
tag :

矛盾、ふたたび

2012-09-15
 看板だけ「ゼロ」で、実質現状維持の「“2030年代に原発ゼロ”新しいエネルギー政策案」、ついに政府が正式決定です。

 「脱原発に転換、30年代ゼロ 政府が新エネ戦略決定」(共同通信)
 「『2030年代に原発ゼロ』新エネ政策決定 野田政権」(朝日新聞デジタル)
 「『原発ゼロ』政府新エネ戦略、矛盾と先送り多く」(読売新聞 ON LINE)

 私ら脱原発派が不満なのは当然として、原発推進派も大いに不満のようです。読売新聞なんて、見出しからして「矛盾と先送り多く」です。
 実際、矛盾については、敦賀市長、みごとに核心をついた発言をなさっています。

福井反発s
(朝日新聞9月14日西部本社版朝刊)

 記事の最後のところです、「原子力は危険だからゼロにすると言うなら分かるが、安全な原発は動かすという。非常に矛盾を感じる。」う~ん、なんと正しいのでしょう。安全な原発などないのですから、単にゼロにすればよいのですよね(^o^)。

 それにしても矛盾、実際多いですね~。
 どこかのテレビ局でも言ってました、「原発ゼロにするなら、必要なくなる核燃料を作りだす、核燃料再処理、なんで続けることになる?」と。

 核燃料再処理については、ここしばらく、すっごいゴネかたをしているのが青森県。再処理やめるなら、“14年前の覚書に従って、現在預かっている使用済み核燃料、各地原発に送り返す”そうです。そうなると各地原発、数年で貯蔵能力オーバーで止まるそうです・・・いやはや、短期間で原発依存率ゼロを達成しようとする青森県の決意には頭が下がります(^o^)。
 そもそも再処理の話は、“再処理はもちろん処分もできない使用済み核燃料、処理できないから原子力発電を続けよう”って、ますます処理できない核廃棄物が溜まるじゃないか!! という強烈な矛盾の中にあります。

 そう言えば以前、しょうもない矛盾について、このブログでなんか書いた気がする・・・


tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://fkuoka.blog.fc2.com/tb.php/499-987d91ab

<< topページへこのページの先頭へ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。