お薦め記事

スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)
tag :

高潮と大津波

2012-09-19
 長崎駅も浸水した一昨日の台風16号による長崎の水害、雲仙市の最高潮位は3.7mだったそうです。

 「台風16号 雲仙市の最高潮位3.7m(長崎県)」(日テレNEWS24 9月19日←長崎国際テレビ)

 大事故はえてして、単一の原因ではなく、複数の原因の不運な重なりによって発生しますが、こういう高潮の時、大津波が襲うとどうなるのでしょうか?

 「柏崎刈羽原発、防潮堤を公開 5~7号機側は8割完成」(47NEWS 6月22日)
 記事には次のように書いてあります→「15メートルの津波に耐えるよう設計している・・・中略・・・防潮堤の高さは、福島第1原発事故で約15メートルの津波が押し寄せたことを踏まえた。」う~ん、3.7mほどでもなくとも、高潮が重なると一発でアウトですね。

 「泊原発:北電が防潮堤を着工 14年末完成目指す /北海道」(毎日新聞HP 8月23日)
 記事には次のように書いてあります→「高さは海抜換算で16・5メートルで、東日本大震災で東京電力福島第1原発を襲った15メートル級の津波に耐えられるよう設計したとしている。」う~ん、15+3.7=18.7m ということで、16.5mの防潮堤じゃダメでしょ。

 「浜岡 津波最大19メートル 防潮堤上回る」(中日新聞HP 8月30日)
 記事には次のように書いてあります→「南海トラフで最大級の地震が起こった場合、内閣府の有識者会議の想定では、中部電力浜岡原発(静岡県御前崎市)に最大で高さ一九メートルの津波が押し寄せる。『中間報告』の位置付けだった三月の想定(二一メートル)より二メートル低くなったが、敷地内に建設中の高さ十八メートルの防潮堤を再び上回り・・・」 ん!! 高潮が重なるまでもなく、防潮堤の高さ足りてないじゃん、これ。


tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://fkuoka.blog.fc2.com/tb.php/508-b8ef3068

<< topページへこのページの先頭へ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。