お薦め記事

スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)
tag :

川内原発、放射能漏れか? 9/22空中放射線量異常上昇in九州

2012-09-24
 一昨日~昨日、北部九州、いくつかのブログで、空中放射線量の異常が伝えられました。これを見て、当ブログではYahoo放射能HPなどの数値を確認し、記事を書きました。筑紫野市二日市の数値を見てみると、確かに高めの数値でした。しかし、そのあと、継時的なデータを見ると、ここ数日での急激な増加はないようです。これはおかしい・・・。
 しかし何かありそうだと思い、あちこち見ていたら「新・全国の放射能情報一覧」というサイトに行き当たりました。9月22日の急激な空中放射線の増加、きちんと記録されていました。みごとに山がありますので、放射性ブルーム(放射能雲)が、九州各地を移動していった様子が見て取れます。
 以下、大体の感じですが、山の動き順にソートして並べてみます。

鹿児島a
大分a2
熊本a2
宮崎a2
長崎a2
佐賀a
福岡a
愛媛a
山口a2

 最初に見た福岡では19:00ごろがピークでした。
福岡データ2b

 そこで佐賀を見たところ、18:00ごろがピーク・・・「これは玄海原発の放射能漏れか」、と思ったのですが、それよりも長崎が早く、熊本はもっと早い。
熊本

 これは、川内原発が放射能漏れを起こした可能性が高いのでは、と思い、鹿児島を見てみました。
鹿児島

 時間的には、山の立ち上がり、熊本・大分よりかなり遅れますが、山の高さ(空中放射線の強さ)から見て、やはり鹿児島県川内原発が放射能漏れを起こしたことが疑われます。放射能放出直後、14時ごろ吹いた風が南~南西風だったということではないでしょうか。

【追記】引き続き、データの検討を行なっており、追加情報を掲載するつもりですが、昼間はさすがにちょっと時間が確保できず、書き上がっておりません。今晩中には掲載するつもりですので、更に検討した結果をもう少しお待ちください。→ 今、アップしました。

tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://fkuoka.blog.fc2.com/tb.php/512-fa95ef9c

<< topページへこのページの先頭へ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。