お薦め記事

スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)
tag :

「いつでもこの程度、放射能漏れてます」 原発と核汚染

2012-09-26
 “このごろ北部九州では、放射能汚染が進んでいるのではないか”という書き込みを見データをあさり始めて分かってきた、川内原発が原因と疑われる空中放射線量の増大、九州を出た放射性ブルーム(放射能雲)の行く先を見ていったところ、なんじゃこれは的なことが見えてきました。
 川内原発を発した放射性汚染物質、東京はもちろん、たぶん北海道にも到達しています。しかし問題はそこではありませんでした(いや、それも問題なんですが)。
 まずは、九州から千葉です。

全国図01
(図はクリックすると拡大します)

 実に安定して空中放射線量のピーク、西から東へと移動しています(時系列に合わせるため、日本列島は南西方向を上にしてみました・・・なんか逆立ちしてるみたい)。ここまで安定して移動しているということは、地表の風向・風速に関係なく移動しているということで、この放射能雲は偏西風に乗って移動したということでしょう。
 ただ、この図を見ると、「おやっ」と思うところがあります。次図は上図の下半分に赤で囲みを入れたものです。

静岡神奈川東京千葉図
(図はクリックすると拡大します)

 静岡県から、新しい山が付加されています。これは・・・やはり浜岡原発から放射性物質が出たのでしょうか。いや、だとすると、川内原発のバーストも、どこの原発にもある、日常業務的に放出される放射能雲ということになりそうです。
 だったら福井です。福井はどうなっているでしょうか?

京都福井石川図
(図はクリックすると拡大します)

 京都の空中放射線量はなんか規則的にうねっていますが、でかいピークは一つ、これまで見てきた川内原発の放射能放出とタイミングの合う位置(時間)に確認できます。偏西風で運ばれてきたのでしょう。
 そのピークに先立つ数日間、福井ではいくつもの山が増えています。これはやはり福井の原発銀座で放出された核汚染物質と考えるのが自然でしょう。そしてそれらが偏西風に乗って、金沢方面(石川県)に向かった、ということのようです。
 う~ん、金沢には旅行に行きたくなくなりました。福井原発銀座から、しょっちゅう放射性物質が送り込まれていそうです。もちろん志賀原発からも放射性物質が出るはずですし、能登半島含め石川県では、四六時中、こんな空気を吸っていなければなりません。あのあたりには曽々木海岸とか、私の好きなスポットがいろいろあるのですが。

 さて、関東地方あたりを北上する(図は北下するですが)放射能雲、その後どうなったのでしょうか。
 実は千葉の図でグラフのスケールが大きく変わっており、山の高さも低く見えます。これは福島原発事故の影響でバックグラウンド放射線量が高く、山が埋もれているためです。これが北関東から福島となると、全く見えなくなってしまいます。この地域、今でも強烈に汚染されています。
 まあこれで、川内原発からの放射能汚染も終わり、と思ってよいのかと思いつつ、それより北も見てみると・・・

北日本
(図はクリックすると拡大します)

 たぶん上空を吹き抜ける偏西風、律儀に川内原発の核汚染物質を運んできたのではないかと疑われる時間帯に、岩手では微かなピークが認められます。ここもバックグラウンドの空中放射線量が高いので(グラフのスケールが粗くなるので)、よく分からないといえばよく分かりませんが。
 さてその下の図(真ん中)、バックグラウンド空中放射線量の低い青森になると、川内原発バーストに対応してピークの出ていいところ(時間帯)にピークが出ていると言えば出ているのですが、他にもごちゃごちゃピークがあり、何が何だか分からなくなっています。福島あたりで付加された山がいろいろあるのでしょう。あるいは、青森県内の核関連施設の影響かもしれません。
 そして北海道、う~ん、このへんの山は、どこ由来でしょう??

 と、いうことで、川内原発の放射能漏れ、確かに起きているでしょうが、政府・電力業界に言わせれば、原発メンテナンスの日常業務で発生する程度の「軽微な」放射能漏れ、ということになりそうです。いやはや、こうしてデータから考えてみると、原発がいかに放射能汚染を発生させているのか、よくわかる気がします。こんな空気吸わされているのかと思うと、心底ぞっとします。内部被曝として蓄積された効果が、がん等の発症を引き起こす可能性は確率的に決まっていますから、これでも何人かは発症するでしょう。自分に当たったら、絶対許せないと思うでしょう(他人なら良いという意味ではない・・・つもり)。
 やはり原発はできるだけ早く廃絶すべきです。


・データは「新・全国の放射能情報一覧」からスクリーンショットを撮り、切り出したものです。

・日本地図(元は逆立ちしていません)はmapmapにより作成したものです。ソフト作者の鎌田輝男様、ありがとうございます。



tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://fkuoka.blog.fc2.com/tb.php/514-6718a045

<< topページへこのページの先頭へ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。