お薦め記事

スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)
tag :

原発推進姿勢明確!! 野田改造内閣

2012-10-01
 野田第3次改造内閣の顔ぶれが決まりました。この内閣が原子力政策においてどういう性格を持つか、以前、古川(当時)国家戦略担当相の処遇を見れば見当がつきそうだと、当ブログでは予想しましたが、なんのことはない、彼の処遇を見る必要もない、明確な原発推進内閣でした。

(副総理)兼、行政改革、社会保障・税一体改革、公務員制度改革担当、内閣府特命大臣(行政刷新担当) 岡田克也
総務大臣、内閣府特命担当大臣(沖縄および北方領土対策、地域主権推進担当)、地域活性化担当 樽床伸二
法務大臣、拉致問題担当 田中慶秋 民社協会
外務大臣 玄葉光一郎
財務大臣 城島光力(城島正光) 民社協会
文部科学大臣 田中真紀子
厚生労働大臣 三井辨雄 民社協会
農林水産大臣 郡司彰
経済産業大臣、原子力経済被害担当、内閣府特命担当大臣(原子力損害賠償支援機構担当) 枝野幸男
国土交通大臣 羽田雄一郎
環境大臣、原発事故の収束及び再発防止担当、内閣府特命担当大臣(原子力防災担当) 長浜博行
防衛大臣 森本敏
内宮官房長官 藤村修
復興大臣、東日本大震災総括担当 平野達男
国家公安委員長、内閣府特命担当大臣(消費者食品安全担当) 小平忠正 民社協会
内閣府特命担当大臣(金融、「新しい公共」、少子化対策、男女共同参画担当) 中塚一宏 民社協会
国家戦略担当大臣、海洋政策担当、内閣府特命担当大臣(経済財政政策、科学技術政策、原子力行政、宇宙政策担当) 前原誠司
郵政民営化担当大臣、内閣府特命担当大臣(防災担当) 下地幹郎

(肩書き、顔ぶれはこちらのページから)

 なんと18人中5人が「民社協会」、つまり旧・電力労連(現・電力総連)を中核とする労働組合全国組織(かつての同盟)系です。民社党の生き残りで、名称もまんまな「民社協会」、電力総連の意を受け、原発推進に精を出すことでしょう。
 これに対し、原発に批判的な菅グループ、「枝野幸男」を数えれば1人になりますが、実質ゼロ。枝野幸男、昨今では彼を菅グループに数える人はいないでしょう。昔は、薬害エイズ問題で菅(当時)厚生相を手伝ったり、1999年の民主党代表選では菅直人の選対事務局長を務めたりしたものですが。いやもちろん、菅内閣の官房長官もやっていましたが。今では前原グループ(凌雲会)の幹事長ですもんね。それに第一、彼がいたところで、大間原発新設容認などの行為の数々、脱原発には何の役にもたたないですしね。それにしても菅グループ、野田再選に協力してたのにこの処遇とは、完全に舐められてますね。

 あ~あ、自民党は明確に原発推進だし、昔は看板に「脱原発」を掲げてた橋下維新の会も、この看板を外した上に支持率その他コケてるし(もともと現実に何ができるかについては期待してなかったけど、看板も降ろしちゃうなんてサイテー)・・・。どうしようもない状況です。

 ところでどうでもいいけど、古川元久・前国家戦略担当相、どうなったんでしょうね。“「原発比率15%」でまとめろと言ったのに、「国民は0%を選択」なんて、見当はずれの解答用紙を出してきて、君は当分謹慎してなさい(使えねーやつだな)”、ってことですかね。

tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://fkuoka.blog.fc2.com/tb.php/530-8506442e

<< topページへこのページの先頭へ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。