お薦め記事

スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)
tag :

国民・住民の声は聞かず、アメリカの意向は聞く日本!!

2012-10-13
 浜岡原発の再稼働に関する住民投票の請求、静岡県議会で否決されました。

静岡否決
(朝日新聞10月12日西部本社版朝刊)

 ところで、閣議決定から「原発ゼロ」が消えたのはアメリカの意向であるとされます。

アメリカ意向

(西日本新聞10月4日朝刊・・・たぶん共同配信)

 “国民的議論”の末、「国民は原発ゼロを選択した」とまとめたのは、どこの政権でしたっけ?
 住民の意向は聞かれる機会を奪われ、国民の声は聞かれず、アメリカの意見はダイレクトに政府を動かす、と、本当にいやになる状況です。
 しかも、この記事を読む限り、アメリカの発言の方が、日本政府よりも正しく聞こえるのですから、更に更にたまりません。何と言っていいものか・・・。
 “原発ゼロなら再処理いらないはず。(原爆原料の)プルトニウム精製して何する気だ?”
 いやホント、正しい。
 記事の最後を引用しておきましょう。「『日本の政権中枢は本当に大丈夫か』。米政府内からは、重大国策の決定に右往左往する日本の統治能力に対する懸念の声すら出始めている。」・・・いやホント、全く正しい。離党者が出る(で、内閣不信任決議が通ってしまう)ことを懸念して国会も開けないのが野田政権。公債法案、通っておらず、国の金もなくなりつつあるのに、開かないって、ありかぁ~。日本の政権、大丈夫じゃありません。もう完全に終わってます。


tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://fkuoka.blog.fc2.com/tb.php/537-68ecfe85

<< topページへこのページの先頭へ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。