お薦め記事

スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)
tag :

原発隣接じゃない至近地帯から: 長浜市の憂鬱

2012-10-20
 当ブログの題名は「原発隣接地帯から」、でも、ホントは隣接してませんでした、関西電力的に言うと。福岡県糸島市は玄海原発のある佐賀県玄海町に隣接していませんし、当方在住の福岡市など、さらにその隣りです。福岡県が佐賀県に隣接、ということではありますけれど。
 いえいえ、そんなことはとりあえず置いておいて、「隣接していない」ということで、とんでもない事態に陥ったのが滋賀県長浜市↓

 「事業者『隣接』、県は『半径30キロ圏』主張 原子力安全協定」(中日新聞10月18日)

 “滋賀県長浜市は美浜原発のある美浜町に接していないので、“隣接”とは言えない。従って原子力安全協定を結ぶ対象にはならない”、と関西電力は主張しているそうです。原発立地自治体に接する隣りの自治体までは安全協定結ぶけど、その先は知らない、ということだそうです。(なお長浜市、原電・敦賀原発のある敦賀市には隣接していますけど、今回は関西電力美浜原発との関係です。)

長浜市美浜30km

 地図を見れば↑、たしかに、隣り合っては(接しては)いません(ちょいとクリックして拡大しないと見にくいです、すいません)。でもでも、上図でピンクに着色した部分、長浜市ですけど美浜原発の30km圏内です。
 美浜原発で福島級の事故が起きれば、福島と同じ放射能汚染が発生したとして、↓こんな感じ。

隣接美浜長浜

 そうなれば避難区域は、↓こんな感じ。

隣接美浜長浜避難地域

 いやはや、こんな位置関係にある長浜市を、「原子力安全協定の対象外」と言う関西電力、何考えてるんだ??

 う~ん、ブラック・ジョークのつもりで書いた一昨々日の当ブログ記事「やめてしまおう!!原子力防災対策/30km圏」、まじでこの事態を考えてみなければならないのか?


・地図は、Kenmapで作成させていただきました。フリーソフト作者のT.Kamada様、ありがとうございます。また中段の汚染地域は、群馬大学早川教授作成の「放射能汚染地図(五訂版)」(Adobe Illustrator CS1版)から、汚染状況のレイヤーを抜き出し、回転し、白地図に重ねてみたものです。早川先生と協力者の皆様、ありがとうございます。


tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://fkuoka.blog.fc2.com/tb.php/541-4d195132

<< topページへこのページの先頭へ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。