お薦め記事

スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)
tag :

大飯原発の“最悪事態”

2012-12-06
 福島原発事故が比較的「傷浅く済んだ」せいで、“最悪事態”予想の方は忘れられているようです。福島原発事故の教訓として「安全性に関して、希望的観測は危険」というものがあると思いますが、電力会社や政治家の多数、もうすっかり忘れているのではないでしょうか。脱原発方向の主張をする政治家でも、いまだに福島の“最悪事態”に言及するのは菅元首相くらいのもので、原発事故のイメージは福島程度が限度のように見えます。
 でも例えば、活断層が問題になっている敦賀や大飯で重大事故が発生した場合、何が起こるでしょうか? 福島では、「津波」「津波」と言われても、(送電線はともかく)津波の破壊力そのもので破壊された原発施設はなく、単に水浸しになったせいで自家発電装置が使えなくなっただけです。発電所の現場スタッフなどが破局を食い止めるべく頑張っている中で、それでも力足りなかった部分で破壊が進行しました(まあ、事故報告書などを信ずれば、という話ですが)。でも、敦賀や大飯で断層がずれ、いきなり重要施設が破壊されたらどうなるでしょうか。何の(福島ではあった)対症療法もなく、一気に原子炉崩壊へと進む可能性があります。
 福島原発事故の際に想定された最悪事態予想程度は、簡単に実現してしまう可能性があります。特に敦賀・美浜・大飯・高浜、そしてもんじゅが集中する福井は、一つの原発の事故による放射能汚染によって、他の原発からも作業員が退避しなければならなくなり、連鎖的に原発が崩壊していく可能性さえあります。
 ということで、とりあえず、“福島最悪事態予想”を現在稼働中の大飯原発に重ねた図です。

大飯“最悪事態”

 この事態に対応できる備えがないならば、原発燃料プールの核燃料まで含めて、原発は早急に処分しなければならないのだということを理解した上で、政治家には脱原発論議をしてもらいたいものです。


・地図はKenmapで作成した白地図に着色したものです。フリーソフト作成者のT. Kamada様、ありがとうございます。



tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://fkuoka.blog.fc2.com/tb.php/600-c553c7b1

<< topページへこのページの先頭へ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。