お薦め記事

スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)
tag :

やっぱり電気料金値上げは、原発維持費のせいだった!!

2013-03-24
 当ブログでは、原発停止による電気料金値上げは、燃料代増加のせいではなく、止まっている原発維持費のせいだと、議論して来ました → 「原発止めると、なぜ上がる? 電気料金 その2」 (こちらが→その1)。
 行なってみた試算では、9電力平均で、原発維持費を電気料金に転嫁すると、8.42%の値上げにあたるという結果でした。
 さて、本日の朝日新聞記事です。

原発維持費≒燃料費増加b
(朝日新聞3月24日西部本社版朝刊にマーカー着色)

 朝日新聞の集計によると(記事中の表)、9電力売上高に占める原子力発電費の比率は6.1%とのことです。当ブログ試算からは2.3ポイントほどずれましたが、まあ、一般管理経費等、可能なものは帳簿上で原発関連から外され、できるだけ原子力発電費が低く見えるよう操作されていることを考えれば、当ブログ試算は妥当な数字であったのではないでしょうか。
 これに対して燃料費の増加、マーカーで着色した部分、2012年4月~12月で1兆1千億円増だそうです。これをこの期間の売上高(記事表中の数字)12兆8574億円で割ると、8.56%となります。

 つまり、昨今電力会社に認められている8%程度の値上げは、原発維持費、燃料費増加分のどちらかぶんであって、両方ぶんではない、ということになります。片方分は企業努力で吸収されているということになります。というか、電力会社に、今まで貪っていた暴利を吐き出させれば、片方ぶん程度は出てくる、ということです。

 で結局、電気料金の値上げとは何なのか。実際に電気を生み出している燃料費と、無駄に金を食っている原発維持費のどちらがエクストラなのか、と考えてみれば、やっぱりこの値上げ、原発維持費を払わされていると考えざるをえないでしょう。上掲新聞記事の小見出しにもあります「電気料金へ上乗せ」と。原発維持費こそ、電気料金値上げの本質です。


tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://fkuoka.blog.fc2.com/tb.php/719-56bed418

<< topページへこのページの先頭へ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。