お薦め記事

スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)
tag :

柏崎刈羽原発の断層は、結局「活断層」なのに・・・

2013-04-20
 東京電力が行なった柏崎刈羽原発下の断層についての発表に関する報道、ホームページ見較べると、それぞれなんかヘンです。

柏崎刈羽読売
読売新聞HP 4月19日

 原発推進の読売新聞、東京電力の発表の中から「現行の基準(過去13万年前以内)において柏崎刈羽の断層は活断層ではない」という点を強調して紹介しています。なぜなら基準に合わないことが明確な「20万~30万年前に動いた痕跡」が確認されたのですから、とのことです。
 でもしかし・・・

柏崎刈羽共同
47ニュース=共同通信HP 4月18日

 “現行の基準”なるもの、改定予定で「最大40万年前までさかのぼるよう求められている」と、同じ発表を伝えた共同通信のこの記事は本文内で記しています。そこまで遡って活断層認定したら、「20万~30万年前に動いた痕跡」が確認された柏崎刈羽原発下の断層、活断層ということになります。
 ところが共同通信の記事は、柏崎刈羽原発下の断層については「19万年前以降は活動していない」という点だけを紹介し、いつ動いたかについては記載していません。つまり、この記事だけではなんとも判断のしようがないものとなっています。

 わざわざ原発ヨイショの読売新聞見て、始めて事態が理解できるとは・・・う~ん、メディアって、なんでこんなかな~。


tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://fkuoka.blog.fc2.com/tb.php/747-8651719f

<< topページへこのページの先頭へ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。