お薦め記事

スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)
tag :

少し応援しておこう、原子力規制委員会

2013-05-10
 脱原発派からもあまり良いイメージを持たれていない原子力規制委員会。しかし、ここに頑張ってもらわないことには今にも原発再稼働が動き出してしまいます。茂木経産相の動きを見れば、原発推進派がいかにここを嫌っているか想像できる状況もあり、少し応援しておいた方が良いんじゃなかろうか・・・。
 特に、島崎委員の活動については、当ブログはかなり肯定的に見て来ました。引き続き、島崎委員は活躍中です。

東通見方変えず
47ニュースHP←デーリー東北 5月10日)

 先日、閉鎖決定を下されてはたまらないと、敦賀市長が「ちょっとタンマ」発言をした敦賀原発については、島崎委員の判断を、田中委員長も一応バックアップする体勢のようです。

 「規制委見解『遅滞なく集約』=敦賀原発『活断層』判断なら-田中委員長」(時事通信社HP 5月8日)

 しっかり頑張ってもらいたいものです。

 しかしそれにしても、福島の方じゃ相変わらず締まらない話が発生しています。

 「火災警報機で誤作動か=異常なし、3カ所で-福島第1」(時事通信社HP 5月10日)

 原発事故の福島第一で、火災警報が鳴り響いた、しかし、それは警報機の誤作動らしく、燃えていない・・・ところがどっこい、別の場所では黒煙がモクモク、エンジン発電機を止めたら煙も止まった、って、大丈夫か!? また燃えたりしないか??
 こんな現場で、事故処理は続くが・・・

 「1号機カバー撤去へ=プール燃料取り出し準備-福島第1原発」(時事通信社HP 5月9日)

 う~ん、核燃料プールの燃料取り出しのためにカバーを一旦撤去するって、まあ、その必要はあるのだろうけれど・・・。「原発の敷地境界や周辺市町村の放射線量について、東電は『ほとんど影響がない』と説明している」って、どこまで信じられるのか。いや、もちろん信じてないわけですが、“既に高線量ですから、さらに放射能漏らしたところで、測定値にそんな大きな変化はないですよ”ってところで、ほんとに「影響がない」とかだったりして??



PS. あっと、ここまでで、記事アップしたところで、NHKニュース

 「大飯原発活断層連動 関電は否定」(NHKホームページ 5月10日)

 島崎委員は、無視する関電に対し、活断層の3連動地震を想定した評価を要求し続けています。頑張れ、島崎委員!!


tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://fkuoka.blog.fc2.com/tb.php/766-7ae917aa

<< topページへこのページの先頭へ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。