お薦め記事

スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)
tag :

福島原発事故で200人が甲状腺ガンに!!

2013-05-27
 「放射能漏れで、室内の放射線量が上がっちゃったよ、ありゃ大変、換気扇、換気扇!!」と、漏れた放射能を屋外に放出しまくった日本原子力研究開発機構のJ-PARCでの事故、国際的な事故評価尺度のレベル1と暫定評価されました。「安全文化の欠如が見られる」とコメントされています。この機構、例の「もんじゅ」の件で、原子力規制委員会からイエローカードを出されたばかりこの機構の保有する全施設で放射性物質を扱うのを禁止する必要があるのではないでしょうか

 それはさて置き、福島原発事故についても、評価が行なわれています。

福島はチェルノブイリではない
(朝日新聞5月27日西部本社版朝刊)

 国連科学委員会の報告書案に盛られる内容として、福島原発事故の甲状腺被曝線量の総計は、チェルノブイリの1/30と見積もられるとされるとのこと。
 低線量被曝については、「これ以下では影響はない」と言い切れる閾値が存在するという立場と、「どんなに低くても、被曝量に応じてガン発生率が上昇する」という2つの立場があって、議論されていますが、閾値の存在は証明されていないようですので、後者の立場に立ってみると、200人、福島原発事故のせいで甲状腺ガンになった(今後なる)ということになります。つまり、上掲記事には「(6千人の甲状腺がんが出た)チェルノブイリ」という記述があります。福島はその6千人発ガンぶんの被曝線量の1/30ですから、200人です。この200人、低線量被曝で、確率的に発生するガンですから、原因が特定できない・・・ということで、ガンになり損ということになるでしょう。

 こういう状態(いつ癌になる“当たりくじ”を引くかわからない状態)に我々が置かれてしまうというのが、原発事故であり、さらには、事故がなくても、原子力利用を続ける限り一定の放射性物質は(「基準クリア」という名のもとに)放出され続け、やがて誰かは当たりくじを引くことになります。
 しかも、そういうことに対する緊張感が、日本原子力研究開発機構のような、現場には全くありません。
 実に危ないシロモノです、原子力は。早く廃絶すべきです。


tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://fkuoka.blog.fc2.com/tb.php/786-86f8eb4a

<< topページへこのページの先頭へ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。