お薦め記事

スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)
tag :

終わっている民主党

2013-06-24
 あ、15議席、民主党。共産党が17議席・・・。
 言うまでもなく昨日の都議選の結果ですが、終わってますね~、民主党。

反政権票
(朝日新聞6月24日西部本社版朝刊)

 改選前で43議席、前回選挙獲得議席ならば54議席ですから、民主党は3分の1に落ち込んだ(「3分の1落ち込んだ」んじゃなくて、「3分の2減って、3分の1へと落ち込んだ」)わけです。
 昨夜は12時頃のNHK番組での細野幹事長の発言を聞きましたが、「そりゃそうなるよな」と極めて納得しやすいものがありました。参議院選挙に向けての課題は「福祉制度改革と行財政改革」だそうです。いや~、そんな政党色の出しにくいもの出してきて、なんか選挙の役に立つとでも思っているのでしょうかね?
 いまだに抜けない与党ボケ、ここまでくると笑っちゃいますね~。福祉とか行財政改革とか、どの政党も(自民党だって)何かやると言っているわけで、そこでどう独自色出せると思っているのでしょうか。いや、福祉を争点とすることも別にできないわけではなくて、「特に低所得層の福祉は安倍政権の倍は手厚くします」とでも言って突っかかっていけばそれなりに特色は出るでしょうに、意味不明な「福祉制度改革」です。
 政権党との違いがはっきりし、国民の支持が得られる政治課題、それを前面に大きく打ち出さなければ野党なんですから、最初から選挙に勝ち目など無いということが解ってないようです。

 ということで、困るのが、当ブログの主題、脱原発を前面に打ち出してくれる政党が、実際、共産党くらいしか無いということです。なお実際は朝日の見出しと違って、「電力自由化の結果として、脱原発実現へ」と、ワンクッション挟まるにしても、みんなの党も脱原発を主張していて、この都議選では、共産党と同じく無党派層からの支持19%を得ています(上掲記事中の数字)ので、脱原発票の受け皿はもう一つあったわけですが。
 もちろん都議選だけなら、東京生活者ネットワークがありましたし、都議選当選ゼロでも、国政では、社民党やみどりの風、生活の党が加わりますが・・・いやはや、どこも小さいな~。

 まったくもう、民主党は電力総連系を切り離して、態度を鮮明にしてくれんもんかな。えっ? 電力総連系を切り離したら、そっちの方が残りより大きい??



tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://fkuoka.blog.fc2.com/tb.php/809-a229c409

<< topページへこのページの先頭へ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。